【ステイホームでブログネタに悩んでいるあなたへ】毎日新規記事を書いている私のコツをお伝え ポイントは「日常を切り取る」

広告

こんにちは。2020年の緊急事宣言・ステイホーム推奨でも、ブログ毎日更新中の ねーさん(@nesan_blogger)です。

出かけていかないのでネタ探しにも四苦八苦。
日々の生活を回していくのに精一杯で、ブログで伝えたいことがうまく見つからない。

どうしたらいいんだろう?悩みは尽きません。

でも新規記事を書くんです。
何をコツにしているかと言いますと「日常を切り取る」

ご紹介します。

「日常を切り取る」とは?

もう少し具体的にお伝えします。

家にいて、仕事をしたり家事をしたりな毎日。出かけているときと比べて、外の世界からもたらされるトピックスというものがありません。

それまでの日々は、仕事をするのにも休みの日に遊びに行くのにも、外の世界と接しているから、心のセンサーが動くことが多くって、それがブログネタにもなってくれます。

ところが、家にいるとセンサーの針もほとんど休止状態…

でもね。

時間は過ぎていくし、何かをして過ごしていることは間違いない。
センサーを外ではなく内に向けてみることにします。

家の中にいても、起こっている出来事。それを切り取って、自分が思ったことや、ちょっとした役に立つことがありそうだったら、それも加えて。

書くんです。

実際に書いてみた記事

この期間に実際に書いている記事について、いくつかご紹介します。

テレワークのストレス解消には近所散歩がよい
家族3人の在宅勤務は大変、仕事人として母としての対処法
昼食に買いに行った餃子弁当が美味しかった
枝先が伸びちゃった観葉植物の植え替えをしてみる
自宅のどの場所だったら、Zoomの映りがよさそうか

どれも、些細なことです。でも"記事にしようと念じて"書けば、なんとかなる。

いわゆる「SEO的」には、しょーもないものばかりかもしれません。後々にずっと何かの役に立つ内容でもないかもしれません。

でも、ここで筆を止めてしまったら、以前の日常が戻ってきたときにいざ書こうとしても、書けない。

だから、筆を止めない。

家の中を見渡してみると、何かしらネタになりそうなものが、絞り出せるものです。

「自転車操業」を回避するためのポイント

そうはいっても、かなりの自転車操業。
絞り出してやっと書いても、次の日にまた絞り出す努力が必要です。

大雑把に言っちゃうならば、書くことって、きっとこういう作業の繰り返しなんだろうな。

アップアップにならないためには、とにかく2つの記事を起こしておく。
うち1つは公開して、残り1つは翌日に公開する。

こうしてストックを1つ作っておいて回していけば、もう少し余裕が出てきそうです。

この記事は今日1つ目。あと1つ頑張って書くことにします(笑)

最後にひとこと

という訳で「ブログネタがなくて書けない悩みにどうしているか?」についてを書きました。
それも、私の"日常切り取りの1つ"でもあります。

このアイディアは私1人で考えついたのではなく、ブログの師匠(ものくろさん)からヒントをもらいました。

ステイホームでなかなかブログネタが思い浮かばないというあなたに。この記事が参考になれば幸いです。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら