英語のスピーチに挑戦してみた! 西澤ロイさん『英語でSpeak Up!』(レインボータウンFM) 伝えようという気持ちが大切

イングリッシュ・ドクターの西澤ロイさん。
「日本人の英語ニガテをなくす」をご信念に、書籍、セミナー、動画、ラジオ…etc.さまざまなメディアを通じて"真の英語"を教えてくださる。

この度、ロイさんのラジオコーナー、レインボータウンFMで毎週土曜日8時50分過ぎから放送中の「英語でSpeak Up!」の出演者オーデイションが開催され、ワタシもエントリー。

ありがたいことに合格をいただき、2018年5月19日に、オンエアされました。

英語の勉強をずっとしているワタシではありますが、こうした機会はなかなかなく、今回チャンスをいただき、思い切ってチャレンジしてきました。

英語でSpeak Up!

『日本人に必要なのは「英語をしゃべる勇気」。様々なレベルの英語学習者の方に英語で話していただく』5分間のラジオコーナー。
これまでは著名人の方々がご出演されていましたが、このたび広く一般の人々にも参加を…ということでオーデイション開催。

選考基準としては

  • 「Speak Up」というコーナータイトルにふさわしい「主張」があること
  • 「伝えたい」という気持ちがあること(英語力よりこちらを断然重視)
  • リスナーさんが聴き取れる発音であること(発音の良し悪しよりも明瞭さ)

…といった点がポイント。

お恥ずかしながら英語スピーチが得意だとは言い難いワタシですが、

日頃、ブログで書いていること。
ワタシのミッション。
せっかくならば、英語でお伝えしてみよう。

とにかく楽しくお伝えをできれば!に集中することを目指し、エントリーしました。

原稿を用意してしまった

とはいえ。
なかなかスムーズに喋れる自信はなく。とりいそぎ、原稿を作ってみる。

これを踏まえてお伝えしてゆけば良さそうだ。
何度か自主練リハーサル(笑)のときは、ヨシ!っと思ってしまっておりました。

いざ、本番

そして、オーデイション当日。
原稿を手元に置いて臨んではみるものの、なんだか棒読みで杓子定規な感じ。

ロイさんが最後アドリブを入れてくださり、原稿ナシのぶっつけ本番にわっちゃわちゃ。ところどころ日本語も混じっちゃって、あイタタタター(汗)

なのですが。

自分がもっともお伝えしたいと思っていたこと。
シドロモドロですが、とにかく「伝えたい」という気持ちを大切にして、英語で発信してみることができました。

完璧じゃなくても

ロイさんがいつもおっしゃっていること、

日本人は誰でも英語が話せる。
スマートに話そう。とか、文法完璧目指そう。とか…意識するからできなくなっちゃうのだと。

まさに。今回のオーディションもそのスパイラルに嵌りそうに。なまじ英語学習をしているせいか、返って見栄っ張りになりがちでした。

原稿、本当は要らないのですよね。

最後のロイさんの機転で、「伝えたい」という気持ちをリマインドすることができ、なんとか”人間らしい英会話”ができたように思えました(笑)

今日の一言

英語でも日本語でも。スピーチでもブログでも。

「伝えたい」という思いで臨む。アウトプットにはとても大切なことなんですよね。
今回、”英語スピーチ”という貴重な機会をいただき、あらためて気づきをもらえました。

西澤ロイさんの番組出演にチャレンジしてみたい!という方はぜひ、コチラまで。

「英語学習は頑張らなくたっていいんですよー」ということを教えてくれるロイさんの書もおススメです。
ワタシもこの書を読み、”鎧”とサヨウナラ。かなり楽になることができましたw

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆会社員のプロ/100年ライフブロガー☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら