観葉植物の枝先がショボショボしてきたら 新しい鉢に再生させるやりかた 水栽培して植え替えるだけ

広告

こんにちは。観葉植物を育てるのが得意な ねーさん(@nesan_blogger)です。

我が家の観葉植物はどれも10年選手。とはいっても特別に何か気遣いしているワケではなく、基本は土が乾いてきたなぁと思ったら、水やりする。時々肥料を使う…くらいです。

一方、伸びてきた枝先がショボショボしてきちゃうことがあります。

そんなときに新しい鉢に再生させるやりかた。これもかなり簡単ですが私がおこなっている方法をご紹介します。

観葉植物の枝先を新しい鉢に再生させる

まずは、そのポイントについて。

ココがポイント

  1. いくつかの枝先を剪定する
  2. しばらく水栽培して根が生えるのを待つ
  3. 根が生えて定着してきたら新しい鉢に植え替える

さらに詳しくお伝えします。

いくつかの枝先を剪定する

今回は「スパティフィラム」の枝先を再生しました。

ショボショボしてきた箇所をいくつか剪定します。5〜6本が適量。
我が家には花鋏がないので、普通の紙挟でチョキンと切り落としています。

しばらく水栽培して根が生えるのを待つ

剪定した枝先を、コップに水を入れてしばらく「水栽培」します。普通の水道水でOK。3日にいっぺんくらい水を換える。陽当たりのいいところに置いておくとよいです。

1週間ほどすると、根が生えてきました。

失敗してしまうこともあるけれど、根が生えてこないようでしたら、あきらめましょう。

根が生えて定着してきたら新しい鉢に植え替える

水栽培のままでも育ってくれますが、ある程度の期間を経たら(私の場合は、1ヶ月くらいを目安にしています)新しい鉢に植え替えます。

用意するもの:植木鉢、観葉植物用土、鉢底石

植え替えに必要なのが、植木鉢、観葉植物用土、鉢底石です。

植木鉢は家にある適当なものでかまいません。無ければ100円ショップなどで手軽に購入できます。ちなみに受け皿はわざわざ買わなくても、使わなくなったお皿などで代用できます。

観葉植物用土は肥料入りのものがよい。Amazonだと大容量が多いですが、長く置いておいてもさほど劣化しないのでお得です。

鉢底石は必須。排水性や通気性を保ってくれるのと、鉢の中の環境を整えてくれる役割もあります。小分けにネット入りになっている商品もあって便利。

新しい鉢への植え替え

次に、植え替えの具体的なやり方について。

私が今回使った鉢底石はネット入りではないですが、鉢底にまんべんなく広がるように石を敷きます。

その後、土を少量入れる。

水栽培していた葉先をその上に置いて

鉢の8〜9分目くらいまで土を満たす。新聞紙の上でおこなうと、散らかり防止に役立ちます。

植え替え後の注意点

植え替え後しばらく根付くまでは、あまり陽当たりの強いところには置かず、適度に採光がある場所でしばらく様子を見ます。

世話方法も、土が乾いてきたら水道水をやる程度。肥料はしばらく落ち着いてきてから使用することをお勧めします。

最後にひとこと

植物も生き物だから、過度に世話し過ぎるとうまく育たないもの。

乾いたら水をやって、育ちすぎて不具合が出てきたら新たな場所で再生してもらって。シンプルにケアをしていくことでよいです。

私は園芸の専門家ではありませんが、そんなふうに育ててきて、みるみる大きくなった観葉植物たちとともに、毎日の生活を楽しんでいます。

鉢花も好きです。よろしければコチラの記事もお読みください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら