パナソニックパルックボールをLED電球に買い換えるときの注意点 間違って違う明るさのものを買ってしまった私の失敗談

広告

こんにちは。LED電球を初めて買うことになった ねーさん(@nesan_blogger)です。

自宅居間で使用している照明器具の電球が切れてしまいました。使っていたのが「パナソニックパルックボール」という商品。

省エネルギーで長持ちなのが重宝していましたが、昨今はほぼ全てLED電球にとって変わってしまい、同じものを買い換えようにも生産終了で手に入りません。

LED電球に換えるのはよいのですが、どの商品が同等品なのか全く解らず。

最初に違う商品を買ってしまって、その後、さらに書い直すこととなってしまいました。

私の失敗談をご紹介します。

使っていた商品は「パナソニックEFA15EL/12 100V 12W」

電球を買い換えるときには、古くなった商品の品番を書き留めておいて、同じものを探すようにします。

旧電球の側面に書いてある品番は「パナソニックEFA15EL/12 100V 12W」

私は、近所にあるスーパー「イオン」のプライベートブランド商品をいつも利用しているので、売り場に行ってみると、例えば「白熱電球60W形相当」などと書いてあって、どうやら同じ「60」の数字が表示されているLED電球がそれに合致するらしい。

旧電球に書いてある「12W」、そんな表示の品番はどこにもありません。

お恥ずかしながら、この辺りのことは全く疎い私。
店員さんに相談すればよかったものを、ちょうど周辺に店員さんがいなかったのと、なんとなく「100Vだから100を探せばいいのだ」と勝手に解釈して、「LED100」という商品を買って帰りました。

税抜きで980円、なかなかにお高いけれど、まあ仕方ない。

「LED100」では、明るすぎてマッチしない

早速帰宅して付け替えてみます。

口金サイズは「E26」と同形で、外観は少し違いますがこれでよさそう。左がLED電球です。

装着してみたらカチッとハマり安堵。ところが、点灯すると妙に明る過ぎるのが気になります。

下の画像、赤矢印で示しているのが新しい電球なのですが、他の電球が汚れていることを差っ引いても、かなり違和感です。

この照明器具の下で、よくパソコン作業をしているのですが、これまでの明るさと違いすぎて、作業も捗りません。

旧電球とマッチしないものを買ってしまったのでは?

仕方なく書い直すことにしました。

「パナソニックEFA15EL/12 100V 12W」とはいったい何ワット相当なのか?

あらためて売り場に行ってみますが、やはり周辺に店員さんが居らず。

この品番でウェブ検索をしてみると、「アカリセンター」というインターネットショップのページに書いてありました。

パナソニック EFA15EL/12 パルックボールスパイラル A形:
スパイラル発光管を採用し、電球サイズのコンパクトな電球形蛍光灯。電球色
消費電力12ワットで電球60形とほぼ同じ明るさ。点灯直後(約1秒)の明るさ約40%(A15形)と大幅に改善されました。
ー「アカリセンター」ウェブページより引用

なるほど。つまり12Wなのに60W相当の明るさ…ということなのね。

「LED60」という商品をあらためて購入しました。コチラは税抜きで398円。「LED100」の半分以下の値段です。

再度付け替えてみると、画像では100との違いが分かりづらくてすみませんが、この明るさがジャストフィットです。

ヤレヤレ。これで一件落着。電球の買い換え、なかなかに難しいものです。

最後にひとこと

LED電球が普及して以降は「できれば全ての電球をLEDに換えるとよい」と聞きますが、まだ使える旧電球を放してまで買い換えるのは費用面でも躊躇があります。

照明器具にとっても同じ種類の電球で揃えることが望ましいのでしょうが、おそらく私はこれからも「徐々に買い換え」でやっていくことになりそうです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら