旅行先で見つけたバッグ 紺色だと思い込んでいたら、実は黒だった しかし「なすがまま」で良し

広告

旅行先でウィンドーショッピングをしていると、素敵なバッグを見つけました。もう、一目惚れ。
こりゃ買うっきゃない。

店員さんとお話をしていたら、なんと!40%オフになっているというじゃないですか。

ちょうど、欲しいと思っていた紺色のトートバッグ。
即買いしちゃいました。

ところが、実際には紺色でなく黒色だった…今回はそんなお話です。

イケイケで思い込み

お店のディスプレイは、ちょっと仄暗い照明でした。

しかし、一目見た途端、そのバッグは紺色に見えたのです。
だから、何も疑いもせずに店員さんに「これは紺色ですか?」とも訊ねることなしに。
とにかくここで出会ったのは邂逅だわ〜と1人勝手にイケイケドンドン、思い込みまっしぐら。

購入し終わった時は幸せいっぱいでした。

早速使ってみて、陽の下で見てみたら…黒だった

旅行から帰ってきて、早速翌日の出勤に持って行こう。
意気揚々と準備します。

とにかくワクワク。新しいバッグ嬉しいなーー。と思いつつ、翌朝外に出て「陽の下」で見てみたら。

どう見ても「黒」です。「紺」だとは思えない。
アングルを変えて何度も見返しても、黒は黒。紺じゃない。

念のためラベルを見てみると「black」と書いてある…

あちゃーー。

「勘違い」だと分かって、私が考えたこと

大きな勘違い。やってもうた。

しかし。

ここで私が考えたこと。
「黒も悪くない」

だって「間違っちゃったよー、なんで黒なんだーっ」て捉えたら、全部"否定"になっちゃうから。

バッグに罪はない。勘違いした自分がイケナイ。
「黒のバッグは幾つか持っているから要らない」とか思ったら、せっかく私の元にきてくれたバッグに申し訳ない。

本音では「あららーー、同じようなのがまた増えちゃった、しまったー」かもしれないけれど。

新しいバッグ、ありがとう。
セールで買えて嬉しかったなー。これからよろしくね。

と、唱えます。

何事も「なすがまま」で良い

バッグの"気持ち"にしてみたら。
持ち主の勘違いでやってきて迷惑がられたら、きっと切ないだろう。

だから。

やってきてくれたことに感謝して、何事も「なすがまま」で良いのだ。

実際に使ってみたら、風合いやら収納キャパやら。いいことがたくさんです。

今日の一言

さて。このバッグとはこれから何年お付き合いできるかしら。

満員電車の過酷な環境下で常に傍にいてもらうから、時には"明後日の方向"に引っ張られたり、揉みくちゃになっちゃったり。

私のバッグは「性根が座っている」のが必須(笑)
だからこの際、色はなんでもいいのです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら