根本裕幸・大塚あやこ・立花岳志トリプルカウンセラーコラボセミナー2019 テーマは「人生の岐路において人はどう考え、どう行動すべきか」

広告

心理カウンセラーの根本裕幸さん大塚あやこさん立花岳志さんの「トリプルカウンセラーコラボセミナー」

2017年から毎年夏に開催されていて、2019年は3回目となります。

2017年。私はある悩みを抱えていて、すがるようにこのセミナーに参加しました。
そして、その後事態が好転して今に至る。

2年後の2019年8月4日にあらためて参加をして、気づいたこと。
それは「岐路」についてです。

さっそくご紹介します。

お三方それぞれの「岐路において」

まずはお一人ずつトークセッション。

立花岳志さんのキーワード

立花さんは2019年7月末を以って「株式会社ツナゲル」の代表取締役を退任され、共同経営者であった大塚さんとのパートナーシップも解消。
すべてを一新して、再出発をされたばかりです。

  • 自分を客観視する
  • 世界はやさしい
  • 自分を被害者にしない。相手も加害者にしない。

このメンタリティで幾多の困難を乗り越えられた。心に刺さりました。

大塚あやこさんのキーワード

一方、立花さんから「ツナゲル」の代表を引き継がれ、やはり新たな人生のスタートを切られた大塚さん。

  • 「嫌だ」を認める
  • 相手が傷つくのでは…と畏れなくてよい
  • 肚を決めたら何とか動く

大きな転機を迎えるのに、こうしたことが原動力になったのだと、あらためて感銘です。

根本裕幸さんのキーワード

立花さん、大塚さんお二人の「パートナーシップ解消」のお話を経て、最後は根本さんのセッション。

  • 「あきらめ」というのは「明らしめる」という意味。捨てるのではなく、なにかを手放すということ
  • 「自分らしさ」で選択する。「自分が選択した」ということが自信につながる
  • 「怒り」は溜め込んではいけない

変化や転機という「岐路」は、人生において、しばしば訪れるもの。そのときの心のあり方…とても腑に落ちる言葉の数々でした。

トリプルカウンセラー、クロストーク

次は、カウンセラーさん全員でのクロストーク。
ときどき参加者からの質問にも答えつつ、さらに深い話へと進んでゆきます。

  • 心の基礎体力(思考と感情を分ける力)を鍛えよう
  • 物事をおこなうのには、尊敬、尊重が土台(まずは自分のことを尊重するからこそ、他者もリスペクトできる)
  • 夢を叶えた人が、人の夢を応援してくれる
  • 人と人とのネットワークに、助けてもらうことができる

苦しいときもつらいときも。楽しいときも嬉しいときも。
ぶれずに過ごすために大切なこと。

締めくくりのセッションでは、そんなメッセージを受け取らせてもらいました。

私にとっての「岐路」

2017年に参加したこのセミナーは、私にとって忘れられない経験でした。
親子問題で深刻な悩みをかかえていたのですが、これをきっかけに、ある意味「手放す」ことができた。

そして、そのときに教えてもらった「とにかく、親が楽しく過ごす」と念じて、
自分で選択して、自分で決めた生き方を徹することとしました。

いろいろな人たちとの出会いもあって、息子ともしっかり話し合って。
そうしているうちに、彼は自分の人生を再出発させ、今にいたります。

2019年の同じセミナーでお聴きしたキーワードが、まさにすべてあてはまる。
とても不思議です。

これもきっと、私にとっての「岐路」

よろしければ、第1回の参加時に書いた記事をご欄ください。

今日の一言

このセミナーのもう一つの楽しみは、美味しい食事をいただきながら学べること。

今回のお店は、鎌倉市の由比ヶ浜海岸ほど近くにある、Brasserie Gent(ブラッスリー ゲント)
この夏いちばんの晴天。気に満ちあふれていました。

ワンプレートに盛り付けられた野菜やカジキマグロに舌鼓

学びのときを経て、懇親会では材木座海岸のPOST by HONEYで皆と語り合う。

大塚あやこさんに、岐路後の我が親子の現在についても報告ができました。

帰り道に見た夕空も、ふんわりと優しく広がっている。

あらためてこのセミナーに参加できたことに。
感謝です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら