【これからのテレワークについて】コロナのことは抜きにして長期的に取り組んでいこう 部下さんたちとのディスカッションで気づいたこと

広告

こんにちは。管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

2020年の新型肺炎COVID-19(コロナウイルス)の災禍で、会社員の働き方も大きな変化に晒されました。具体的にいいますと「テレワーク推奨」

この記事を書いている同年8月でも、その状況は続いています。

【これからのテレワークについて】現場の若手リーダーたちとディスカッションの機会がありました。

ご紹介します。

そもそも、働き方改革の取り組みが始まっていた

そもそも2019年頃から"働き方改革"ということが取り沙汰されるようになってきて、我が勤務先でも取り組みを始めていました。

そこで常に課題として出てきていたのが「遠隔でいかにコミュニケーションをズムーズに進めていくか?」という点です。

オンライン接続で顔出しをして、あたかもみんながオフィスにいるようにしてみよう。いやいや、そこまでしなくてもいいよね…アレコレ議論しつつ試行錯誤の連続です。

そんなときに、今回のパンデミックに遭遇しました。

とにかく、テレワーク推奨

単なる"働き方改革"の範囲に留まらず、とにかく緊急事態だからステイホームで過ごしましょう。各企業ともテレワーク推奨が急務となった。

その後、緊急事態宣言解除となって、一旦元に戻るかと予想したのも束の間、再び感染者数が増える状況となり、取り組みは継続されています。

今後もこの感染症への対策がどうなっていくのか、解りません。

テレワーク推奨なのか?オフィス勤務でもテレワークでも、どっちでもいいのか?方針も右往左往してしまっているなかで、現場のリーダーたちはどう考えているのだろう。

それを知りたくて、ディスカッションの機会をもらうことにしました。

木じゃなくて森についてを語る

『コロナのことという「木」じゃなくて、今後の働き方という「森」についを語りたいです』あるリーダーが提案してくれました。

私自身もパンデミックのことばかり気にしていて、少々先走ってしまいつつあったので、こうした客観的な意見はありがたいものです。

すると、他のリーダーたちからも次々に意見が出てきます。

  • テレワークでも業務が進められるということがわかった
  • やはり、懸念点はコミュニケーションについて。遠隔でスムーズにすることは、リアルでのコミュニケーションに比べてハードルが高い
  • そもそも、お互いが信頼関係にあるのならば、リアルでも遠隔でもいかようにできるのではないか
    …etc.

ふむふむ。なるほど。と相槌を打ちつつ、じゃあどうするべきなのか?なかなか結論に至れません。

さらにディスカッションを続けてきて見出せたこと。

【せっかくテレワーク推奨の流れにあるのだから、仕組みをさらに工夫して、子育てだとか介護だとかライフイベントがあったとしても、変わらず働き続けられることが大切なのだ】

具体的なやりかたについては、もちろん今ここで決めることができなくても、リーダーたちの合意形成ができたことが大きいです。

これからのテレワークについて、長期的に取り組んでいこう

コロナが終息に向かいつつあったとしても、そうでなかったとしても。

コロナは抜きにして、これからのテレワークについて長期的に取り組んでいこう。

緊急事態でやっつけ的に実施してしまっていることも色々ある。制度だったり勤務管理だったり。

後付けで整えていくことでもよい。

私は管理者として「整える側」の立場なので、ここからが正念場です。

最後にひとこと

物事はトップダウンで決めるだけではなく、ボトムアップで決めることが大切なときもある。

今回のディスカッションで、メンバーたちに知恵を授けてもらって、あらためて目標が見出せました。

我がリーダーさんたちみんな、ありがとう。感謝です。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら