【天馬 咖喱&カレーパン】具だくさんカレーを楽しめて、お土産のカレーパンも美味しいお店

広告

こんにちは。暑いときにはカレーが食べたくなる ねーさん(@nesan_blogger)です。

カレーのお店って色々ありますが、今回は【天馬(てんま) 咖喱&カレーパン】というお店に行ってきました。おススメは具だくさんカレーと、お土産に買って帰ることのできるカレーパン。

ご紹介します。

天馬 咖喱&カレーパン メニュー

このお店は店頭でカレーパンが販売されているので、ふらっと立ち寄って時々テイクアウトしたことがありました。

とはいえ、実際に店内でカレーを食べる機会がなく、せっかくならば行ってみようと近所のお店に入ることに。

プレーンなビーフカレー、バターチキンカレーなどもありますが、特に目を引いたのが具だくさんカレー。

私が訪れたのは8月でしたが、「たっぷり夏野菜」と「Wソース」という見出しに惹かれて、コチラのメニューにしました。

辛さは「普通」「中辛」「辛口」「大辛」の四段階を選べます。辛い物好きな私なので「辛口」をセレクト。
ご飯の量も「普通230g」「大盛300g」「超大盛り400g(+100円)」のいずれか。

女性のお腹では普通で十分と感じましたが、男性だと少々物足りないかもしれません。

店内の壁に各種スパイスが展示してあるのも、目で見て楽しめます。

「たっぷり夏野菜のWソースカレー〜ビーフ&キーマ〜」実食

まずは、付け合わせに野菜サラダをいただきます。サッパリとしたドレッシングが美味しい。※別オーダーで+100円(税抜)、2020年8月現在

ちょうどサラダを食べ終わった頃に、カレーが出てきました。ナス、オクラ、万願寺唐辛子、パプリカ、ソーセージなどが彩りよく並んでいる。

ソースが別添されているのも嬉しいものです。

カレーって上から食べていくうちに、ソースが足りなくなってきちゃうのよね。途中で追加できるというのはありがたい。

夏野菜のシャキシャキ感に、キーマカレーの甘さとビーフカレーの辛さが程よくミックス。このメニューだと辛口特有の「ヒリヒリ感」をさほど感じずに済みました。

お土産のカレーパン

テイクアウト用のカレーパンは「たっぷりモッツァレラ」「ビーフ」「とろ〜り半熟卵」「キーマ」の4種類。
どれも食べたことがあって美味しいですが、今回は「ビーフ」にしました。値段はいずれも250円(税抜)※2020年8月現在

出来立てホカホカなので、紙袋のみだとカバンの中に入れるのも躊躇してしまうけれど、私が行った店舗では、嬉しいことに無料のプラ袋に入れてもらえました。

熱熱ホクホクのカレーパン。私はカレーを食べた後なので夫のお土産にしましたが、美味しいを連発していました(笑)

天馬 咖喱&カレーパン 店舗情報

このお店は「洋麺屋五右衛門」「星乃珈琲店」「サロン卵と私」などを展開している「日本レストランシステムズ」という会社が運営しています。

カレーのお店も「天馬 咖喱&カレーパン」「天馬」「天馬屋」などいくつかの屋号がありますが、東京都・神奈川県・埼玉県・北海道(札幌市)・静岡県・愛知県・大阪府・奈良県に所在しています。※2020年8月現在

お近くにお寄りの際は是非行ってみてください。
天馬 店舗情報

最後にひとこと

暑いときにカレーを食べて大量に汗を掻くと、不思議と元気が出てくるものです。

このお店の他のメニューも色々試してみて、またこのブログでお伝えさせていただきます。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら