『寿司さいしょ』 海の幸はもちろん、美味しいお肉も味わえる銘店(東京都中央区 銀座7丁目)

広告

銀座7丁目にある銘店『寿司さいしょ』
最初に訪れたのが、ブロガー/作家の立花岳志さん(たっちー)主催で2018年3月に行われた「ツナゲルサロン極上グルメ会」

2回目も、やはり「ツナゲルサロン極上グルメ会」で、2019年2月15日に訪問。

旬の海の幸や秋田の銘酒はもちろんのこと、美味しいお肉、名物「うにく」を存分に堪能し、素晴らしいひとときを過ごすことができました。

乾杯

たっちーと、8名のお仲間と共に、まずは乾杯。
シャンパンの銘酒「G.H.マム」のマグナムボトルを、みんなのグラスに注いでくれます。

大将の税所(さいしょ)伸彦さん

なみなみーー!

お料理

お造りのトップバッターはブリ。長崎の壱岐からやってきてくれましたw
半身で9.5kgもあるそうです!

コチラは「背」とろけそうな柔らかさ

コチラは「サシ」脂が乗っていて、しかも、ホンノリ甘味もあります

富山のホタルイカ。柔らかい〜

東京湾のサバ。燻しを施してあって味わい深い

長崎のアワビ。コリコリ&フワッフワ♪

諫早小長井のカキ。潮の香りがするー

北海道産タラバ。

大将がさばき始めるときに撮影したものを、アイキャッチにしました。

焼きたて!

柔らかくて甘くて‥こりゃーたまらーーーーん
冷凍ではなく、活けタラバならではの美味しさですw

ブリ大根。ブリを湯引きして水から炊くのが、柔らかさと味わいのための、コツとのこと

甘鯛の松風

イカとカラスミ

お寿司やさんなのだけれど、美味しいお肉もどーーんと出てくるのも、さいしょさんの特長ですw

お醤油

お造りやお寿司に欠かせないお醤油。右の大きい瓶はふつうのお醤油なのですが、左の小さい瓶は、熊本産イワナガの「老松」というお醤油で、トロッとしていて甘くて美味。どちらにするか、迷ってしまいます。

お酒

税所さんのご出身である、秋田の銘酒をいただけるのも、このお店の楽しみ。

お酒の味を引き立ててくれる、お猪口や冷酒のデキャンタ。

どれも爽やかな飲み口で、お料理にベストマッチw

お寿司

締めくくりのお寿司、まずはシラウオ。ぷりっぷり♪

蒸し車海老

漬けブリ

ヒラメの昆布〆

あと数品、撮影しそびれてしまったものがありますが(汗)ラストはさいしょ名物「うにく」
シャリをお肉で巻いて、うにをトッピングし、バーナーで炙る、税所さんオリジナルの逸品です

そして、シメはアラ汁。出汁が効いていて沁みるー!

今日の一言

美味しいお料理とお酒を、素敵なお仲間と共にいただける、かけがえのないひととき。
食の神様に、あらためて感謝です。

『寿司さいしょ』お店情報

<所在地>東京都中央区銀座7-6-6 メトロビル3F
<アクセス>東京メトロ銀座駅から徒歩6分、東京メトロまたはJR新橋駅から徒歩7分
<電話番号>03-6858-0173
<営業時間>18時〜24時、日曜日定休(その他、臨時休業の場合もあり)
<メニュー例>特選おまかせ[極み]コース、飲み物付き18,000円(税込)※マスターカード、JCB、VISA、AMERICAN EXPRESS/各種カード可
<オンライン予約>コチラのページまで

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら