銀座でお寿司! 名物「うにく」や旬の海の幸、秋田の銘酒が楽しめるお店 「寿司 さいしょ」

銀座でお寿司を食べる!憧れますよね。なかなか一人で行くにはハードルが高そうですが、ありがたいことに今回、
プロブロガー・作家の立花岳志さんの「ツナゲルサロン」オフ会で、「寿司さいしょ」さんに連れて行ってもらいました。

銀座七丁目の並木通りからチョコッと中に入ったビルの3階。東京メトロ銀座駅下車徒歩5分ほどです。

メニューはコース料理が中心。

18時から21時までコース料理のみとなります。
21時から23時のラストオーダーまではアラカルト及びコース料理となります。二軒目飲みとか、お仕事で遅くなった方もご安心してご来店ください。
(お店のHPより)

今日のコースは「冬の極みスペシャル」。

透かし彫りのコースターも素敵。

乾杯用にシャンパンを用意してくださいました。

こんなに美味しい生ガキ食べたことないー!

特別に仕入れてくださったというブリ。

秋田の銘酒も各種いただけます。
齋藤酒造さんの「雪の茅舎」。白いラベルが純米吟醸、黒いラベルが山廃純米。
どちらも爽やかな飲み口でお料理にピッタリ合います。

タラバガニを捌く大将の税所伸彦さん。芸術的です。

まずは炙り焼き。そのまんまが美味しい。

続けて茶碗蒸し。甲羅を器にいただける贅沢さ。

名物「うにく」。シャリを牛肉で巻きバーナーで一気に炙る。その上にウニが添えられ、もうまさに「極み」。

これ以外にも絶品お料理がたくさん!ビーフシチューなどの洋風テイストの一品もあり、大将の「心意気」がたっぷり味わえます。

「寿司 さいしょ」是非一度お出かけください。
お料理もお酒も大満足ですw

関連ランキング:寿司 | 銀座駅新橋駅東銀座駅

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら