【豊洲市場見学ポイント】8時台に訪問開始 海鮮丼や買い物をゆったり楽しめる

広告

こんにちは。魚介類好きな ねーさん(@nesan_blogger)です。

発酵食の師匠・梅村小百合さん主催の『豊洲市場見学とお買い物イベント』に参加してきました。

豊洲市場見学やそのポイントについて、さっそく紹介します。

豊洲市場見学ポイント

梅村さんから教えてもらった豊洲市場見学ポイントです。

ココがポイント
  1. 遅くとも8時台に訪問開始すると良い
  2. 到着したらまず朝ごはん
  3. 個人で売場で買い物するのに予約は不要。「見学者カード」は受け取らない


さらに詳しくお伝えします。

朝8時台に訪問開始すると良い

市場の競りは早朝におこなわれるので、それを見学しようとするならば電車の動いている時間ではほぼ間に合いません。
競りの様子を見ることは断念するとしても、市場内で買い物したり食事をしたりするのに、朝8時台の訪問開始がオススメです。

10時以降は団体客や観光客が押し寄せることが多いからです。

到着したらまずは朝ごはん

8時到着といっても、自宅を出るのは6時30分くらいになってしまいます。家で朝ごはんを食べるのには少々早い時間帯。
市場に着いてまずは朝ごはんを食べるとよいです。

豊洲市場内には何箇所かに飲食店街が展開されていて、この時間帯だとどのお店でもほぼ並ぶことなく着席できます。
(一部の人気店は並んでいます)

水産仲卸棟の手前にある「飲食店6街区」を利用。

海鮮ネタのお店がやはり多いですが、それ以外に洋食屋さん、カレー屋さん、喫茶店なども軒を並べています。

今回は『海鮮丼 大江戸』に入ってみることにしました。
私が頼んだのは「函館丼」ウニ、イクラ、マグロに加えて脂が乗ったサーモンが入っていて絶品。

お値段は税込2,800円です。(※2019年12月現在)
少々お高く感じるかもしれませんが、とても美味しくて満足しました。各店舗は現金ならびに各種クレジットカード、プリペイドカードなど利用可能。

買い物の前に「見学者カード」は受け取らない

腹ごしらえのあとは、1階の店舗で買い物を楽しむことに。予約は不要です。

水産仲卸売場棟へと進んで行きます。

ここでさらにワンポイント。

売場棟の入り口手前に「見学者カード」を配布している箇所があるのですが、ここでカードを受け取ってしまうと売場に入れないので要注意。受け取らずでもそのまま売場に入れます。

ちなみに入場や見学に料金は不要。
売場に入る際に、もし係員の方に止められても「買い物です」といえば、とくに問題なし。

場内はこんな感じ。床面が濡れているので、滑りにくい靴を履いていくのが必須です。

多くの店舗が軒を並べていて、新鮮な魚介類が目白押し。

今回購入したもの

私が今回購入したものをご紹介します。日時によって値段は変化。支払いは現金決済のみです。

お店はたくさんあるので、見て回ってピンときたら買えばよいです。

大和しじみ。700gほどで864円(税込)
量が多いのでどうしようかな?と思いましたが、すぐ使わない場合は「ジップロック」に入れて冷凍保存しておくと、使いたいときに小分けにできて便利だと教えてもらい、購入しました。

マグロの切り落とし。最初の値付けから安くしてもらって税込1,000円。
お正月に使うために、やはりこのまま冷凍保存しました。

数ノ子。1キログラムの表示になっていましたが、半分の500gでも頼めば売ってもらえます。
少々塩気が多いので、塩抜きしてお正月まで備える。

スルメイカ。
この見学イベントの後に、イカの塩辛仕込み講座を受講することにしていたので、そのネタを購入します。
師匠の梅村さんによると、スルメイカの旬は夏場とのこと。私が訪れたのは12月でしたが、旬ではないけれど身がふくよかで、表面のこの「茶色」が新鮮さの証。一杯税込702円です。

買い物の度に「伝票」を発行してもらえます。

豊洲市場 行き方

最寄駅は「ゆりかもめ」の市場前駅です。(駅直結、市場入口まで徒歩2〜3分)

通路の左手は青果棟ですが、今回は訪れませんでした。その他にも「花き」「食肉」の各部門があります。

右手が水産仲卸売場棟です。

施設情報

所在地江東区豊洲6-6-1
営業日月、火、木、金、土(一部、水曜日の営業もあり)
詳しくは年間カレンダーまで
営業時間飲食店街は概ね5:00〜14:00くらいまで
売場は5:00〜17:00まで ※在庫完了次第随時閉店の売場もあり
ウェブページ東京都中央卸売市場

最後に一言

実は私、築地市場には行く機会がありませんでした。
豊洲市場に移転したのが2018年10月。それから1年後に初めて訪れた「東京都中央卸売市場」

移転に際しては様々物議がありましたが、とにかく新しい施設というのは何かと便利なものです。

よろしければぜひお出かけください。

梅村さんの講座は食を楽しめて役に立つ内容が盛りだくさん。こちらもぜひオススメします。
詳しくは、梅村さんが運営されている『kitchen Bee』のウェブページをご参考に。
itchen Bee キッチンスタジオ・レンタルキッチン(浅草橋・秋葉原) – 完全貸切。おしゃれなレンタルキッチンスペース

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら