十番右京_恵比寿店 イチローズモルトもいただけてトリュフのおつまみも楽しめるお店(東京都渋谷区)

写真の師匠、Shinya B Watanabeさんの「写真術を実地で学べる」ありがたいイベント「リサーチトリップ」。


その後に訪れることのできる美味しいお食事の店も楽しみです。

十番右京_恵比寿店

今回のリサーチトリップ・二次会で伺ったお店「十番右京_恵比寿店
一号店は麻布十番。その二号店として2017年にオープンしたそうです。

名物は高級食材「トリュフ」を使った創作お料理。
「トリュフたっぷりポテトサラダ」をいただきました。

ポテトサラダのホッコリ感にトリュフの旨味が重なり、まさに、ハーモニー。絶品ですw

そのほかにもさまざまな美味しいおつまみがたくさん。

イチローズモルト

さらに”感動モノ”なのが、「イチローズモルト」を各種とりそろえてくださっていること。

「イチローズモルト」とは、秩父蒸留所の銘酒ウイスキー。

羽生蒸溜所創始者の孫である肥土伊知郎が創業したベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所。2008年2月に稼働を始め、秩父の風土に根ざしたシングルモルトウイスキーづくりが行われている。

なんてったってウイスキー大好きなワタシ。
アイキャッチ画像は、お店の方が並べてくださったイチローズモルトのボトルを撮影したものです。

”リーフラベルシリーズ”のゴールド、ワインカラー、グリーンの三種。

  1. MWR(ミズナラ・ウッド・リザーブの頭文字) 使用している原酒は羽生蒸溜所モルトをキーモルトに、数種のモルトをヴァッティング、ミズナラリザーブヴァットで再熟成したピュアモルト。

  2. ワインウッドリザーブ 赤ワイン熟成樽の空き樽をウイスキーの後熟に使用。モルト100%のウイスキーの華やかさと豊潤さに、フレンチオーク樽による個性が加わったもの。

  3. ダブル・ディスティラリーズ 羽生蒸溜所のシングルモルト原酒と、2008年2月に稼働したばかりの秩父蒸溜所のモルト原酒をブレンドして作ったピュアモルト。

それぞれをストレートで飲み比べながら楽しませていただきました。
これがまた、トリュフおつまみと合うんだわーw

お店情報

お子様とご一緒でもお気軽に!とご案内くださっており、ワタシが行ったときもお子様連れで楽しんでおられるお客さんがいらっしゃいました。

いろいろな創作お料理と、ウイスキー、日本酒、焼酎、ワインなど、各種お酒が楽しめます。

関連ランキング:居酒屋 | 恵比寿駅広尾駅

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら