蒲公英(タンポポ)と土筆(ツクシ) 春の風物詩 漢字の語源を調べてみた

数日前、何気なく歩いていたら路上にタンポポとツクシを見かけ、春を感じました。アイキャッチはそのときに撮影したものです。

タンポポは漢字で蒲公英。なんでこれで「タンポポ」って読むのだろう?
ツクシは漢字で土筆。「つち・ふで」ってなんとも趣があるなぁ。

図書館に行って調べてみました。

蒲公英

まずは植物図鑑を引いてみます。

「蒲公英」とは書いてあるものの、その漢字の由来は図鑑では見つけられず。

次は広辞苑。

ふむふむ。「葉は食用とし、根全体を乾燥したものが漢方生薬の蒲公英(ホコウエイ)で、健胃・催乳剤」。
つまり「蒲公英」というのは、音読みの「ホコウエイ」のことなようだ。

大辞林も見てみました。

広辞苑では「たんぽぽ」でしか引けず、「ほこうえい」では引けなかったですが、大辞林では出てきました。「蒲公英」は、漢名なのですね!

PCやスマホで「たんぽぽ」と入力すると、「蒲公英」と変換が出てきます。なんだか”粋”だなー。

土筆

お次はツクシ。図鑑ではこんな感じに書いてあります。
スギナとツクシとは一対、生育過程で異なる形状・呼び名になるのですね。確かにいっつも隣り合わせに生えているものね。

「土筆は日本名」とは書いてあるものの、それ以上の情報はナシ。
広辞苑・大辞林でもあまり詳しいことが書かれていなく、Wikipediaで見てみました。引き名はスギナ。

その栄養茎をスギナ、胞子茎をツクシ(土筆)と呼び、ツクシの方は食用とされる。土から出てきた胞子茎は、伸びきる前は先端まで「袴」に覆われており、その形状が「筆」に似ていることから、「土筆」という字を当てられるようになったものと考えられる。

ほぉー。まさに、「つち・ふで」なのですね!

やはり、スギナも生薬としてのお役目をお持ちのようです。

栄養茎の全草を乾燥させたものは生薬名を問荊(もんけい)といい利尿作用がある。生薬としてのスギナの効用は古くから伝承されていた。

野の植物に感謝

あらためて調べてみると、野の植物とはその名や漢字の由来に始まり、効能もさまざまあって、とってもありがたい。

なにより、タンポポやツクシを見つけると春を感じ嬉しくなっちゃうw

いつも季節の変わるごとにいやしをもらえる、野草さんたちにサンクス!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆100年ライフサポーター/ブロガー/いろいろ学び人☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら