「異質力」 母校のキャッチコピーが響いた

母校の大学のキャッチコピー

昨日は、30数年ぶりに、母校の大学を訪れる機会がありました。
同期の友人が教授に就任したとのことで、お祝いをかねて会いにいきました。

東京都町田市にある我が母校。いわゆる大学のレベル判定のひとつである”偏差値”も、ちょーイケテない(笑)小さな大学なのですが、

ところどころに掲示してあるキャッチコピー”異質力”というのが、とても興味深く心に響きました。

少子化で大学の存続もなかなか大変なようです

友人によると、昨今は学生集めに様々苦難があり、教授自らもパンフレットをもって、各高校に”営業”に行かねばならないとのこと。

とくに、我が母校のようにマイナーな大学は、それこそ、”生き残り作戦”に必死。

学生さんたちも、元祖・平成世代。

教える側の、”泥臭い昭和文化”(笑)もなかなか伝わりづらいようです。

「異質力」

そんななかで、捻り出されたキャッチコピーが、「異質力で輝く」。

ワタシの在学中にも、とにかく、「個性的であれ。」ってことはさんざん刷り込まれてきましたが、30数年経った今でも、そこをあえて掘ろうとしているってのは、なんとも面白い。

ちなみに、「異質」の反意語は「同質」。

異質って、ある意味、”ヘンな人”かもしれないけど、
それを是とする我が母校って、なんだかあらためて愛着が湧きましたw

自分らしさを、自分の強さに

「異質」というコトバの表現からは、少々ネガティブな印象もあるかもしれませんが、パンフレットにはこんなメッセージが書いてあります。

自分らしさとは、自分にしかない光を放つこと。
多様な価値にふれ、他者とつながりあい、幅広い知識を身に着けること。
このキャンパスで過ごす4年間で、それを発見してください。
あなたらしさは、あなたの強さになるはずです。

こんなことを冒頭に書いちゃう我が母校。
なんとも、ユニークです。

キーワードは、”自己洞察力”なんですよね。あらためて響きました。

今日の一言

進学先を選ぶのって、高校生からすれば、なかなか大変なことだと思います。
それを図るひとつのインジケーターが”偏差値”ということもあるのでしょうが、

結局のところ、何を目指していきたいか。そのために、どういう大学があるのか。っということで選べばよいのだと思います。

就活に有利だとか、そういうことが重要なら、それもヨシ。
いやいや、どういうオリジナリティがあるのか。それが重要なら、それもヨシ。

その後、どういう社会人になるのかは、思いがあればこそ。
「念ずれば通ず」ってことなのだと。

悩んでいる学生さんたちがいたら、ぜひお伝えしたいものです。

 

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら