2020年の上半期が終わる 6月30日を迎えて、この日の思いを書き記しておこう

広告

2020年も半年が過ぎ去ろうとしています。

この記事を書いているのは、6月30日。
新型肺炎COVID-19の流行…という、あまりにも大きな出来事に見舞われたこの年。

上半期終わりの日に。

半年間の節目の思いを記しておこうと、この記事を書くことにしました。

令和2年の幕開け

2020年は令和2年。前年に今上天皇のご即位があり、その翌年という幕開け。

私が住んでいる神奈川県で崇敬する「寒川神社」に新年の参拝に訪れました。

その後はいつもの如く冬を過ごして春を迎えて…というつもりにしていたのに、思いも寄らない大きな災禍が訪れたのです。

2020年のパンデミック

それは、新型肺炎「COVID-19」の流行、そして、世の中が緊急事態宣言に陥るというパンデミックの状況。

インフルエンザなどの季節性感染症との戦いの歴史は様々あれど、ここまで大きな災禍となったのは長年生きてきても初めての経験です。

日々の生活だけでなく、社会人としての働き方にも変化を強いられることになって。
でもそれが、今後の働き方改革のターニングポイントになったことも事実です。

そして、半年が経過した

5月後半になって、日本国内の緊急事態宣言解除とその後の各経済活動への全面解禁もあり。

そして、半年が経過しました。

上半期は最早終わろうとしている。まだまだCOVID-19の罹患者が減ったとはいえない状況。でも、時間は容赦無くすぎていき、事態は刻々と変わろうとしている。

この6月30日を迎えて。

古くから伝わる神事「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)がおこなわれる日でもあり、これまでの半年に感謝して、新たな半年の幸せを願って。

そんな思いを、和菓子「水無月」(みなづき)を味わいつつツイートしました。

最後にひとこと

こんな激動の半年は、これからも滅多に訪れることはなさそうです。

試練の連続でもあったけれど、起こることには意味がある。

それならば、この経験を活かしていこう。
2020年の下半期を精一杯生きたいと、あらためて心しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら