夏越大祓(なごしのおおはらえ)に、6月30日にいただく和菓子【水無月(みなづき)】

広告

6月の神事で「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」というものがあります。このときに食べるのが【水無月 (みなづき)】という和菓子。

滋賀県近江八幡市に本店を構える老舗和菓子屋・たねやさんの東京都内店舗にて、早速購入してきましたので、ご紹介します。

6月29、30日の限定販売です


水無月

「水無月」は白地のういろうに小豆の赤が映える、爽やかな夏の和菓子。

箱を開けると、四角の形になっています

これを2つに切り分ける。
一方を無事に過ごせた半年に、もう片方を迎える半年に見立て、平穏であるよう願いを込めるとのこと。

葛製のういろうが口当たりよく"厄除けの小豆"もたっぷりのっています

お値段は、税込で756円でした。※2019年6月30日現在

「たねや」さんの店舗情報はコチラ。本店のある滋賀県内ならびに、東京都・神奈川県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・福岡県各百貨店内などに展開しています。水無月は限定販売のため、事前に予約しておくとよいです。
店舗のご案内/たねや

大祓(おおはらえ)

この神事は「半年のあいだ身に積もった罪やけがれを祓い清める」といういわれで、6月と12月の年2回おこなわれるもの。

6月の「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」は、暑い季節、病にかからぬようにとの願いもこめられるとのこと。

この半年を過ごせたことと、きたるべき半年を迎えることに感謝を込めつつ、家族とともに『水無月』をいただきました。

最後にひとこと

平成から令和と移ろってきた2019年の前半6ヶ月も、終わろうとしています。

一瞬一瞬を大切に、これからも過ごそう。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら