やりたい仕事から異動しちゃったとき 会社の外にやりたい仕事を見つければいい

広告

会社の外

現在の会社で15年。その前の会社で5年。おかげさまでずっと同じビジネスに携わらせていただきましたが、この7月に突然の異動。
20年間手がけてきた「やりたい仕事」から残念ながら遠ざかることになりました。

しかも、定年まであと5年…。転職先の会社を探すったって時すでに遅しだし、この業界(ライフサイエンス)にはかかわっていたい。もんもんとしながらワタシが気付いたこと。

いまさらー?かもしれませんが、それは、「会社の外にやりたい仕事を見つければいいんだ!」ということでした。

素敵な師匠とお友達との出会い

一年前はもちろん、突然の異動命令があるなぞ想像だにせず、いつものサラリーマンライフを送っていました。

そんなある時。

家族のことでとてもつらい出来事が起きました。

救いを求めて必死にもがいていたところ、たくさんの素敵なお師匠さんやお友達にお会いすることができました。

会社勤めオンリーの今までだったら出会うことのできなかった方々。そのおかげで、いろんなことに遭遇しても、今こうしてワタシが元気であれる。といっても過言ではありません。

それ以来、なんだか世界の見え方が変わってきたように思います。

天啓とは、まさにこのことかもしれません。

言われたことや起きたことを切り返してみる

これまでは事業部のHeadとして、数字責任と判断とガツガツやってきて、クライアントさんとお話するのもとても楽しくて、時にはクレーム対応に心擦り減らして…ってな、変化に富んだサラリーマンライフ。
しんどいことも多いですが、やりがいもたっぷりありました。

ところが、異動後に上司から言われたことは、

「アナタの仕事は管理業務です。」

前の上司からは、「これまでの部署を別組織と統合することにしたから、新天地で活躍ください。」と言われてましたが、

“管理”ってなんですか?

そんな仕事やったことないし。そもそも、管理なんて、社員一人一人が自分でキッチリやればいいんじゃないの。そんなこと担当する人が必要なのかしらん?

これって活躍?

っと”はてな”が10個くらいつく心境でしたが、ま、しゃーない。

もちろん仕事ですから一生懸命やりますが、はっきりいって、
チョーつまんないし、ワタシのキャラじゃない。

やっぱりもんもんしてしまいましたが、あるとき急にヒラメキました。

会社だけが仕事の場ではない

発想を変えることにしてみよう。

現在の”管理業務”は、ほとんど労力を要しません。判断やクレーム対応も滅多にありませんので、ストレスもナシ。よって、脳のワーキングメモリにかなり余裕があります。ありがたいこっちゃ。

その分、これからのセカンドライフに向けてタップリ学べるし、たくさんの社外の方々と会いにいけるし。

今まで経験させていただいたことを活かして、どなたかのお役に立てるようなあらたな仕事(ミッション)見つけるぞー!って新しい目標ができました。

ワクワクしてきたw

もちろん、与えられた今の仕事もきちんとやらねば。9時から17時30分。我が社の定時である7時間30分は集中します。けど、それ以外の時間は、あらたな仕事のために使おうっと。

今日の一言

逆転の発想。これもまた楽し。

「あらたな仕事」は全く具体化できていませんが、ブログ書いて、師匠から学んで、色々な方々とお話しして。
まずはこうしたことを実践しています。

オマケ

“管理業務”の一環?らしく、やたら議事録やプレゼン資料ばかり書く機会が多い今日この頃。
ブログ筋トレに少しは役立ってるかも(笑)

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から883記事連続、毎日更新中。(2019年3月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら