「光画」と「新興写真」 1930年前後の写真史に”モダニズム”を垣間見ることができる 東京都写真美術館(東京都目黒区)

写真が好きで、iPhoneのカメラで日常のアレコレを撮影しています。

そのすばらしさを教えてくれた師匠、Shinya B Watanabe先生が主宰する「タバスコ光画娯楽部」の”リサーチトリップ”で、東京都美術館にて開催中の「『光画』と新興写真ーモダニズムの日本」を鑑賞してきました。

新興写真

今から遡ること90年ほど前の、1930年前後、日本の写真史において盛んとなっていた「新興写真」。本展はこの、「新興写真」に注目した展覧会です。

新興写真とは、ドイツの新即物主義(ノイエザッハリヒカイト)やシュルレアリスムなどの影響を受け、それまでのピクトリアリズム(絵画主義写真)とは異なり、カメラやレンズによる機械性を生かし、写真でしかできない表現を目指した動向です。
ー本展パンフレットより

写真って、「今、ここ」の日常を投影するものなんですよね。きっと、「新興写真」がそのルーツなんだろうな。

「光画」と「フォトタイムス」

1932年から1933年までのわずか二年足らずの発行であった写真同人誌「光画」。写真家・野島康三、木村伊兵衛、中山岩太を中心に新興写真を牽引する存在であったようです。

一方、同時期に発刊された雑誌「フォトタイムス」も、主催者の木村専一を中心に「新興写真研究会」が結成され、その文化を紹介していった。

本展ではこの二つの雑誌に掲載された写真を中心に、影響を与えた海外写真家の作品も交えて「新興写真」の数々を展示してくれています。

新興写真の説明のなかでとくに刺さったこと。

生活の記録や人生の報告を行うものであること

まさに、日常の何気ない”物や人の記録”の数々をじっくり見ることができ、とても心惹かれます。

モダニズム

本展のサブタイトル「モダニズムの日本」。

昭和初期のころの写真文化の近代化。往時の写真家さんたちが、きっとさまざまな制約もあったのでしょうが、ハツラツと撮影していた姿が垣間見えるよう。

今はスマホで誰もが気軽に写真を撮れる時代。何気ない日常のアレコレが記録できるのも、こうした先人の方々の活動のおかげなのだと、本展を観てあらためて感謝です。

メモ

「『光画』と新興写真ーモダニズムの日本」展、2018年5月6日(日)まで、東京都美術館で開催中です。

場所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス
展覧時間:10時~18時(金曜日は20時まで)
休館日:月曜日(ただし、4月30日は開館)
料金:一般700円、学生600円、中高生/65歳以上500円

東京都目黒区三田1-13-3

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら