秋の日暮れに一瞬を写す_iPhone写真

広告

秋の日暮れは「つるべ落とし」といわれるくらい、本当にあっと言う間です。

釣瓶を井戸の中へ落とすときのように、まっすぐにはやく落ちること。特に、秋の日のたちまち暮れてしまうさまをたとえていう。
ーデジタル大辞林から引用

2018年11月14日、時刻は16時15分。

ふと職場の窓から外を見やると、絶好の夕暮れ時。
ワタシの勤務先ビルからは東京湾がよく見えるので、海側の窓に行って夢中で iPhoneのシャッターを切ります。

すると。

ものの5分としないうちに、すでに薄暮から夜の闇へと変わろうとしている。

「一瞬を写す」というのも、ある意味"一期一会"とも言えるのかな。
今日はチャンスに恵まれて幸いでした。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら