ツナ缶と大根で作る【チョー簡単ツナサラダ】 大根を切ってツナと合わせるだけ おススメツナ缶は「シーチキンL」 応用法もご紹介

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー27年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

ツナ缶は手軽に調理できる素材の代表選手。野菜と合わせてちょっと工夫すると、立派なオカズになってくれます。

私がよく作っているのが大根と合わせた「チョー簡単ツナサラダ」

ご紹介します。

チョー簡単ツナサラダ ポイント

まずはこのメニューのポイントについて。

ココがポイント

  • ツナ缶は「はごろもフーズ シーチキンL」がおススメ
  • ツナ缶を予め冷蔵庫で冷やしておく
  • 食べる直前に和える

大根は切った直後から水分が出やすいので、直前に和えることで水っぽくならずに済みます。ツナ缶を冷蔵庫で冷やしておけば、直前に和えても冷たくいただけるのです。

はごろもフーズの「シーチキンL」はザク切りになっていて細かすぎずお値段も手頃で、サラダにはうってつけです。

チョー簡単ツナサラダ 材料と作り方

材料は、ツナ缶、大根。彩りに小葱とミニトマト。味付けはマヨネーズのみ(塩コショウも加えるとよい)です。

大人2人分だと、大根3cmくらいでOK。

輪切りにした後、皮を剥いて千切り。大雑把な私は、かなり太めに切っちゃっています(笑)

ツナ缶を冷蔵庫から取り出して蓋を開け、余分な油分を流しに捨てます。

千切りの大根を器に盛って、中心にスペースを作る

大根葉もみじん切りにして加えちゃう

器の空いたスペースにツナ缶をほぐしながら投入

大根葉と小葱、ミニトマトを4等分のくし切りにして、トッピング。

ツナサラダって、シンプルにマヨネーズが合うのよねー。塩コショウとマヨネーズをかけて、出来上がり。

チョー簡単ツナサラダ 応用法

このまま食べてももちろん美味しいですが、バケットなどに乗せて食べるのもよし。

また、細めのパスタを茹でてこのサラダと合わせ、粉チーズトッピングして簡単冷製パスタとしてもよし。
サイドディッシュをメインディッシュに変えることができます。

最後にひとこと

簡単クッキングに欠かせないのが、缶詰素材。

そのまま食べてももちろんよいですが、ひと工夫加えると、さらに楽しめます。

こちらも一緒に読まれています

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら