暑いときは考えごとをしなくてもよい ただそこに居て毎日を過ごすだけでよい

広告

こんにちは。真夏の暑さに少々疲れ気味な ねーさん(@nesan_blogger)です。

とくにこの記事を書いている2020年8月中旬は、連日各地で「災害級の暑さ」といわれる状況が続いています。頭では、あれもしなっちゃこれもしなくっちゃと思ったりするものの、動作がついていきません。

そんなときは、ただそこに居て毎日を過ごすだけでよい。

思ったことをお伝えします。

2020年の8月

この年は、新型肺炎COVID-19(コロナウイルス)の流行という未曾有の災禍に見舞われて、春先から全世界のみんなが大変な毎日を過ごしている。

加えて、これまでにない猛暑。日本国内でも「40℃」を観測したり、海外ではさらに高気温が発生しているとの報道を耳にします。

40℃って、どれほどの暑さなんだろう。人間の平熱を遥かに超えた気温。想像もつきません。

自然の出来事は自分たちではどうにもコントロールすることができないけれど、その中で過ごす毎日。なかなかにしんどいものです。

暑いときには考えごとをしなくても、ただそこに居て毎日を過ごす

日常は、世の中の状況にはお構いなしに過ぎていきます。

数日間の夏休みを取ることはできるけれど、仕事はずーっと目の前に存在している。もちろん、日々の仕事はこなしていきますが、複雑な考えごととか画期的な改善提案とか全然思い浮かびません。

でも、いいのです。

暑いときには考えごとをしなくても。ただ自分の居場所で毎日を過ごせばよし。

"青空に向かって咲くことをシンプルに目指している花の如し"です。

計画は、涼しくなったら立てればよい

とはいえ、チョイっとアイディアが浮かんでくることもあるでしょう。

気になったことはメモに書き留めておいて、今すぐじゃなくたって、涼しくなったら計画立てればよい。

もちろん、待ったなしの事項もありますが、それ以外だったら一時保留にしたって、アイディアは逃げません。
とにかく暑い中で毎日仕事のルーティンをこなすだけで、気力体力使い果たしちゃうもの。

それよりも、あー今日の夕暮れも夏らしいなぁ。綺麗だったわぁ…などと「いまここ」を感じながら1日を終えていいのです。

最後にひとこと

コロナのことがあって、猛暑で。きっとみんな、いつもの年よりたくさん疲れているのではないかしら。

私自身もそうです。

必死に耐えなくたって、あるがままでいい。無理せずゆるりとやっていこう。そんなことを感じて、この記事を書きました。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら