お正月飾り いつもの注連縄と、マンションだけど玄関に松を飾ってみた

昨日はお正月に備えて「注連縄」を玄関に飾りました。
いつも近所スーパーで購入していますが、注連縄売り場には実に種類が豊富にあり、どれを買おうか…悩ましいことも。

ピンク好きなワタシはいつも同じようなものを選んじゃっています。

マンションに住んでいるのでこれまでは、注連縄のみでしたが、今回から「門松」も飾ってみました。

門松

大晦日からお正月にかけて、家族全員に「福」を授けに「年神さま」が、門松を目印に家に来てくださる。といわれているそうです。

ビルの入り口にあるような、立派なものでなくとも、二本の松を玄関脇に立てかけることでもよい。

神社開運協会代表・白鳥詩子さんの著書やメルマガで教えてもらいました。

やはり、スーパーのお正月用品売り場近辺に、たくさんの門松が売られていましたので、小さめのを買って帰ることに。

我が玄関には残念ながら紐でくくれるような箇所がないため、ちょっとベタですが、ガムテープで固定しました。

飾りつけは12月28日か30日に

12月28日が「松迎え」といって、”お正月飾りの日”とのこと。

29日は「二重苦」、31日はお葬式を連想する「一夜飾り」なので、この両日は避けるのがよいようです。

今年もお正月をお迎えする準備ができてうれしいなーw。

昨年発売の白鳥詩子さんの著書でも詳しく解説してくれています。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら