在宅勤務導入半年後のレビュー 課題は「お互いの状況を思いやりつつ、臨場感のより共有」

広告

我が勤務先にも、在宅勤務者の人数が増えてきました。
メンバーさんたちのワークライフバランス向上のためにはよいことではありますが、オフィスで勤務しているメンバーにとっては「顔が見えない仲間」への心配が尽きないようです。

導入してから半年ほど。課題も出てきたため、レビューをしてみます。

「リアルにお互いが見えているマインド」からの切り替え

業務のタイプが「概ね1名で完結できる」ものであれば、在宅勤務はより馴染みやすいかと思いますが、
会社業務は「主で担当するのは1名でも、まわりの仲間と協力し合いながら完結する」というものが多い。

「皆で声掛け活動をしつつ仕上げていく」という言い方もできます。

これを「リモート(電話、メール)」で行うには、なかなかスムーズにいかないのが悩ましいところです。
従来の「リアルにお互いが見えている状態」が、身に沁みついている。

このマインドを徐々にでも切り替える。まずはそこを目指してゆく必要があります。

在宅勤務者から、感想を聞く

制度導入以降、オフィス勤務から在宅勤務に切り替えたメンバーさんが、在宅勤務を開始したときに言っていたこと。
「自分がオフィスにいるときは、在宅は楽でいいなーと思っていましたが、実際にやってみると楽では全くないと実感しました」

  • なにか疑問があったときに、身近に声をかける相手がいない
  • 必要な資材がすべて手持ちでは揃っていない
  • 自宅の通信状況が不安定になることがある

…などが、その理由。

もちろん、メールやチャットでメンバー間の対話をすることも、資材を電子ファイルや画像で見ることも可能ですが、やはり、「みんなと同じ場にいることの一体感、安心感」という点では、オフィス勤務に分があるのは確かです。

在宅勤務者は、ある意味孤独に業務遂行をしていかねばならない。

あまり最初から負荷をかけてもいけませんので、一部、ご本人の担当業務範囲を変更し、しばらく様子見することとしました。

新人さんの早期在宅勤務開始は厳しい

一方、新人さんが入社して導入研修ののちに、在宅勤務開始というケースもあります。

その後は、リモートで継続教育を行うことにしているものの、やはりそれなりの習熟度が身につくまでは、一定期間オフィス勤務をしてもらうことのほうがよい。と、リーダーたちが口々に言います。

教える側も、業務に追われていることが多く、なかなかケアができないこともありがち。
傍らにいれば、それでも対話することが叶いますが、遠隔だと、ともすると「放置」になってしまう。

結果、新人さんもつい自己流になってしまって、ミスにつながることが心配。
今後新人さんが入社する際は、ある一定期間は(例:半年くらい)まずはオフィス勤務としてもらうことにしました。

バーチャルな空間を共有してみるのも一考

たとえば、「zoom」のようなツールを活用してみて、モニターに在宅メンバー・オフィスメンバー全員を映し、画面を介してでもお互いの顔が見えるようにしてはどうだろうか?という意見も出ました。

たしかに「バーチャルな空間」であっても、顔が見えることで、臨場感がもてそうだ。

実際にこの取り組みを行うかどうか、また、それが実施可能なのかは不明ですが、それも一考かもしれません。

今日の一言

まだまだ試行錯誤の連続とはなりそうですが、お互いの状況を思いやりつつ、臨場感をより共有していって。

「人」が行うことだから、何が正解ということは1つではないけれど。

とにかく「働き方改革」を推進して軌道に乗せてゆこう。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら