カーテンの洗濯は年一回 「大掛かりなことは『決め事』とし、日頃のちょこっとケアはこまめに」

広告

家の備品で欠かせないもののひとつに「カーテン」があります。

直射日光を除けたり、室内の温度調節に開けたり閉めたり。
一時、「ブラインド」を取り入れてみたこともありますが、やはり「布」であるほうがしっくりきます。

見た目にはわからなくとも、相当汚れているものと思われる。
ですが、年に一回しか洗濯しないことにしています。

かけたりはずしたりが一苦労

我が家の窓は3箇所。すべてカーテンレールが天井に設置されていて、かけるのもはずすのも、なかなか一苦労です。
とくにリビングのは、分量がかなり多い。もう、それを考えただけでユウウツになってしまいます。

厚いほうのカーテンは、実際にはほとんど使わないため、購入してから一度も洗濯せず。
でも、まあ、コレはこのままでいいかな。

一方、薄いほうのレースのカーテンは、つねにかかっている状態。
埃やら油分やら、家中の汚れ成分が付着しているのだろうな。

本来はこまめに洗濯したほうがよいのでしょうが、「しなければならない」と思うと、ますます気が重くなる。
なので「年一回」と決めちゃいました。

カーテンの洗濯

そのタイミングとは、年末大掃除のとき。
この時期だと「えいやっ!」と、ヤル気が起きる(笑)
全部のカーテンをはずして、洗濯機の「普通洗い」でぐるぐる回します。
前回からは、漂白剤も併用することにしました。

椅子などの台座を使って高所に着脱しなければならないため、足を踏み外したり手が攣ったりしないように気をつけて。

洗濯後は、脱水して吊るしておけば自然乾燥するので、この点は楽。

一連の作業が終わると、年の暮れだなーとしみじみ。ワタシにとっての「風物詩」みたいなものでもあります。

今日の一言

「家事」とは、より簡略で、なおかつ、気長に取り組んでいくことがよい。
なにせ、生きている限り、ずーっとおこない続けなければならないから。

この「年一回ルール」も、そんな思いもあって決めました。

もちろん、ちょっとした汚れが目についたら、こまめに拭き取ることは欠かさない。

「大掛かりなことは『決め事』をしちゃう。日頃のちょっとしたケアはすぐさま対処する」
これがワタシ流、家事の秘訣でもあります。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら