【ヘンケルス ツヴィリングカッティングボード】まな板を新調 それだけでも家事のモチベーションアップ

広告

こんにちは。仕事と家事で忙しい ねーさん(@nesan_blogger)です。

毎日の家事効率化に必死で取り組んでいますが(笑)モチベーションアップも必要。

長年使っていたまな板を新調したら、それだけでやる気が増しました。

ご紹介します。

なぜ、まな板を新調したか?

まず、なぜ私はまな板を新調したかについて。

今まで使っていたまな板は、結婚したときにホームセンターで買ったもの。もう30年近くになります。
特に不便は感じていませんでしたが、なかなかに老朽化していたのも事実。

このままでもいいや、と思っていたけれど、たまたまネットショップの保有ポイント期限が迫っていて、さて何を買おうか?というときに目に留まったのが「ヘンケルス」のまな板でした。

せっかくだから新しくしようかな。そんな動機です。

ヘンケルス Zwilling ツヴィリング 「ヒノキカッティングボード Lサイズ 」まな板

今回私が購入したのは、ドイツのヘンケルス社
"Zwilling ツヴィリング 「 ヒノキカッティングボード Lサイズ 」 まな板"という商品。

ヘンケルスは包丁、ハサミ、調理用品などを展開する老舗メーカー。

ヘンケルスの包丁やハサミを使ったことはありましたが、まな板を使うのは初めて。
少々値が張りましたが(約8,000円、2020年3月現在)ポイントが使えたこともあって、購入を決めました。

この製品の特徴をお伝えします。

ココがポイント

  • サイズ:24×39×1.5cmと、軽くて使いやすい
  • 裏側に溝があって滑りにくい
  • ヒノキのほのかな香りが楽しめる
  • 素材を切った時の「サクっとした切れ味」が嬉しい

それまで使っていた分厚いまな板と違って、厚さ1.5cm。軽くて使いやすい。

裏側に溝があって、台の上に置いても滑りにくいのが助かります。

実際にトマトを切ってみたら「サクっとした切れ味」切った後の音がまさに「サクっ」なのです。
古いまな板では感じ得なかった新鮮な感覚。

まな板スタンドもセットになっていて、こちらの素材はサクラ。いずれも原産国が日本国内で、天然素材を活かした商品というのも特徴です。

まな板を新調しただけで、モチベーションがアップできる

効率化のことばかり考えていて、どこか「やらされ感」ばかりだった家事。

道具を新調しただけでも、使い心地が楽しめてモチベーションがアップできると実感。

家事もマンネリ化に陥ってしまわずに、些細なことでも変化を楽しめるといいんだよね。

30年ぶりの新しいまな板で、あらためて気づきをもらいました。

最後にひとこと

とにかく切ったときの「サクッと」音が嬉しくて。

ここのところちょっとサボり気味だったクッキングも、もうちょっと張り切ろうかな(笑)

私が購入した商品はコチラです。よろしければご参考に。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら