歯の健康管理には”歯のお掃除” 定期的に通っています

歯医者さんって、できればアンマリ行きたくないですよねー。
10年くらい前までのワタシにとって歯医者さんとは。虫歯が痛くて辛くてどーしよーもないときに行くところ、ってな感じでした。

何しろあの、キーキーした治療器具の音。
ずーっと口を大きく開けてるとアゴが攣りそうになっちゃう。
独特の椅子に座るだけで身体が緊張してきます。

しかしある時。
虫歯やら親不知やら、スッゴイ時間もお金もかかって治療…という散々な羽目に。
そんな折に現在かかりつけの歯科医院に出会い、歯のお掃除を勧めてもらいました。

「定期的にチェックしておけば歯の健康が保てるし、何より歯周病予防のために、歯石除去を行うといいのですよー。」

ほぉー。そうなのね。
そんなこと、お恥ずかしながら全く知りませんでした。

それ以来、4〜5ヶ月おきくらいに、”定期お掃除”のために通院するようにしたら、おかげさまでこの10数年間虫歯知らず。

とはいえ。

ともすると、とくに歯のことで困ってないしー。などと、めんどくさくなっちゃうものですが、
友人の歯科医師・大原廣之さんのブログも参考になり、張り切って行くことにしました。

ワタシのかかりつけ歯科医院は近所スーパーのフロア内にあり、土日祝も開院していて便利です。

受付時に問診票を記入

名前を呼ばれて入室。なんてったって、この器具たちに軽く拒否反応(笑)

問診表を元に歯科衛生士さんから簡単なヒアリングののち、お掃除開始。
まずはうがい

その後の工程は以下のような感じです。

  1. 空気を当てて、沁みるところが無いかのチェック
  2. 歯茎をツンツンして(名前を知りませんが、先が棒のような専用器具)歯茎状態のチェック
  3. 歯石除去
    ※この時のキーキー音がどうにもニガテ‥‥緊張しガチなときは深呼吸ならぬ腹呼吸でしのぐ
  4. 専用歯ブラシでクリーニング
    ※ワタシはこれは好きなのよー。ゴトゴトいう音が心地よい。
  5. フロス(糸ようじ)で汚れを取りきれなかった隙間のお掃除
  6. 結果のフィードバック

こんな感じで資料をもらえます。歯周ポケットが前回より改善した点もあるようで嬉しいなーw

なお、数年前までは一回につき5,000円ほどかかっていましたが、保険診療が一部適用になったそうで、最近は3,000円弱で済むようになりました。

ちなみに。

毎回指摘されるのですが、左下に唯一残っている親不知(他3本はすべて抜歯済み)がやはりどうしても懸念点。
右下のそれを学生時代に抜歯した際、めっちゃ大事になり一か月くらい、ろくすっぽ食事もできなかったトラウマがあり…抜歯を勧められてもいつも拒否していました。

しかし、今回施術してくれた歯科衛生士さんがとても良い方で、彼女に勧められると断れなくなっちゃった(笑)

あのツライ出来事からすでに30年くらい経っているし、医療技術も進歩しているはずだから、いっちょ行ってみるとしましょ。
ただし、おかしな生え方をしている我が親不知。総合病院・口腔外科に行く必要があるらしく、とほほー。ま、夏休みにでも寄ってみよう。

歯の定期的なお掃除。ご利用されていない方にはぜひおススメします。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら