緊急事態宣言中で梅雨時期の乗り切り方 辛いこと3つを書き出し、対処法を考えてやってみる

広告

こんにちは。梅雨時期が来るとつい、ユウウツになってしまう ねーさん(@nesan_blogger)です。

この記事を書いている2021年は、桜やツツジの開花も例年よりかなり早く、加えて梅雨入りの報も同様。
季節がいつもより「生き急いでいる」印象があります。

前年から続くコロナ禍の渦中で梅雨時期って尚更辛い。

どう過ごせばよいのだろう?

私が考えてみたこと、実際にやってみたことについて、ご紹介をします。

梅雨時期に辛いこと 3つ書き出してみる

まずは、梅雨時期に辛いことについて。3つ書き出してみます。

【1】ジメジメしていて楽しいことが見つけづらい

【2】食欲が減退しがち

【3】予定を立てても、計画通りにいかない

とくに「緊急事態宣言」の状況が加わって、さらにシンドさが増してしまう。

では、どう過ごせばよいのでしょう?

私が考えてみたこと、実際にやってみたことをお伝えします。

ジメジメしていて楽しいことが見つけづらい→近所散歩で季節の花を楽しむ

緊急事態宣言中で梅雨時期で…とにかく出掛けていくことがままならないもの。

そんなときには「近所散歩」で、季節の花を楽しむことを目標に決めました。

梅雨時期ならではの花といえば紫陽花。

道端の紫陽花に蕾が出てきて、さらに膨らんできて…そんな様子を散歩の際に撮影します。

2021年5月第1週の紫陽花

同じ月の第2週。おそらくあと2〜3日でブルーの花が開きそうです。

花開いたら、さらに色とりどりの様子が楽しめる。梅雨時期ならでは…って捉えるとワクワクとしてきます。

食欲が減退しがち→暑い時もサッパリと味わえる「簡単冷や汁」

仕事を終えて帰宅してからは、蒸し暑い時期だともうグッタリで、食事を作るのも何かを食べようとするのにも、つい気力が失せてしまいがち。

そんなときには「サバ缶」と「液みそ」があれば簡単にできる「冷や汁」を大量に作って、夕飯のメインにしています。

予定を立てても計画通りにいかない→気の向くままにゆるっとやればよい

梅雨時期だととくに、天候に左右されて予定通りにいかないこともあります。

仕事については予定こなして乗り切る必要がありますが、家事やプライベートについては「こうしなければならない」と決めずに、気の向くままにゆるっとやればよいです。

例えば、洗濯物が乾きづらい、掃除が捗らない、雨降って散歩に出かけられない…etc.

洗濯物は室内干しでなんとか凌いで、掃除はなんなら一時省略。散歩は晴れ間が見えたら出かける。

行き当たりばったりで過ごすのでOK。気持ちが楽になります。

自分をいたわろう

緊急事態宣言の中での梅雨時期突入。

2020年はこの時期、緊急事態宣言が解除されていたので、初めての経験です。

色々なストレスがただでさえ積み重なってきていて、さらにこのジメジメ。
どう過ごしたらよいのだろう?って考えてやってみたことをご紹介しましたが、何よりも。

頑張っている自分を労ることを忘れずに、ぜひ健やかに過ごすことを心がけましょう。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら