レストラン 『ラ・マーレ』 葉山を感じることのできる"フランス風創作海辺料理"が楽しめる(神奈川県三浦郡葉山町)

広告

葉山・鐙摺港のレストラン・ラマレ

神奈川県の葉山町にある、レストラン ラ・マーレ。葉山鐙摺(あぶずり)港の入り口の海沿いに建っていて、360度海が見渡せる絶景。地元素材の鮮魚やお野菜を使った「フランス風創作海辺料理」が美味しい。

休日ともなると、よくこのお店に出かけては、海の景色とお食事を楽しんでいます。

レストラン『ラ・マーレ』 最寄りはJR逗子駅

車ですと、国道134号線から「鐙摺」交差点を曲がってすぐのところ。

ただ、道路が常に渋滞しているのと、私はお酒をいただくことが多いので、いつも電車で行きます。
最寄駅はJR横須賀線の逗子駅です。

私の自宅からは大船駅を経由して行くのですが、横須賀線は鎌倉を通るので、大船駅の横須賀線ホームに降りる階段の上にこんな看板があります。外国人観光客さんも多いのだろうな
大船駅のホーム案内板

逗子駅にも、こんな看板を発見
逗子駅構内の看板

改札口(一箇所)を出たところ
JR逗子駅

駅前広場にある看板。観光心をそそられますw
逗子駅前広場の観光案内

JR逗子駅からレストランまで

電車を降りたら、バス3番乗り場で「葉山一色」又は「福祉会館行き」方面乗車。5つ目『鐙摺(あぶずり)』バス停下車徒歩1分。交通系ICカードで195円です。※2019年5月現在

やはり、何かと渋滞しがちなのと、バスそのものも混み合っていることが多いので、家族で行く時はいつもタクシーを利用しています。所要時間は10分ほど。タクシー代は1,000円前後です。

エントランスでは紫陽花がお迎えしてくれました
レストランラマレのエントランスにある紫陽花

日影茶屋

さて、ここでちょっと、レストラン『ラ・マーレ』の歴史をご紹介します。その母体は、江戸時代から続く料亭・日影茶屋。ラ・マーレも「CHAYA GROUP」のなかのひとつ。

HISTORY
江戸中期 鐙摺港近くの料理茶屋として創業開始
昭和26年08月 有限会社 日影茶屋設立
昭和47年09月 洋菓子パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ葉山本店 開店
昭和47年11月 洋菓子パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ逗子店開店
昭和52年08月 レストラン ラ・マーレ・ド・チャヤ 開店
・・・

日影茶屋には残念ながら、まだ行く機会がもてていませんが、パティスリー(喫茶)は何度か訪れたことがあります。ちなみに、こちらのスウィーツは、ラ・マーレでもいただくことができます
日影茶屋

パティスリーCHAYA

『ラ・マーレ』は以前『ラ・マーレ・ド・チャヤ』という店名でしたが、2016年に店内の改装もおこなわれ、現在の店名になったそうです。

『ラ・マーレ』ランチメニュー

ランチメニューは、フルコース(要予約)と、アラカルト料理中心のカフェ・ブラッセリー( HARRY’S)の双方があります。

ブラッセリーはランチタイムの席予約はできませんが、カジュアルに楽しめるのと、ティータイムでもフードのオーダーが可能なので、私はいつもコチラを利用しています。
休日ですと、少々混み合っていることもありますが、周辺の海や港を散歩しながら待つのも一考。

メニューも季節ごとに変化がありますが、今回いただいたもの。まずは、地素材(佐島)鮮魚のカルパッチョ。
ラ・マーレ 鮮魚のカルパッチョ

湘南名物「シラス」のアヒージョ。オリーブオイルとの相性抜群。
ラ・マーレ シラスのアヒージョ

ソフトシェルシュリンプのフリッタータ。サクサクして美味しい
ラ・マーレ ソフトシェルシュリンプのフリッタータ

お料理は1品が800円〜1,500円くらい。ドリンク(アルコール)は800円〜1,000円、ソフトドリンクは500円前後(すべて、税別)です。

カクテル『葉山ボウル』、そして景色

リニューアル後、現在のメニューには載っていないのですが、飲み物はカクテルの『葉山ボウル』をいつも注文します。ジンベースとラムベースがあるのですが、ジン好きな私はジンベースでいただきます。

この、銅のコップが秀逸なのです
ラ・マーレのカクテル、葉山ボウル

周囲は葉山の海。富士山みたいに見える雲が浮かんでいる。ほんものの富士山はもうちょっと奥の方に頭がのぞいていました(遠くて写真には撮れず)
ラ・マーレ下の海

ラ・マーレ周囲の海岸

お店のすぐ奥に鐙摺港があります
鐙摺葉山港

帰りは逗子駅までウォーキング

帰りは、バスがやはり時間が読めないので、歩いて逗子駅まで戻ります。(所要時間:30分くらい)

途中にある「レッド・ロブスター」もう30年以上前からあるのです。昔はTV CMでしょっちゅう流れていたけれど、最近では見かけなくなったなあ。
逗子のレッド・ロブスター

風情のある橋(富士見橋)を渡って海とはお別れ。この川沿いにあるマンション、マリーナが併設されていていかにも湘南らしい
逗子海岸の近くにある川の橋

橋の看板

湘南名物 「鯵の押し寿司」をお土産に買って帰りました♪
鯵の押し寿司

レストラン『ラ・マーレ』 お店情報

所在地 神奈川県三浦郡葉山町堀内24-2
予約・お問い合わせ TEL:046-875-6683
アクセス 【車】横浜横須賀道路 逗子インターより逗葉新道経由にてR134逗子海岸手前
『渚橋』交差点を葉山一色方面へ左折。渚橋より、最初の信号を過ぎ、左手。(逗子インターより約10分)駐車スペースに限りあり。

【電車とバス】JR逗子駅より(3番乗り場)
『葉山一色』又は『福祉会館行き』方面乗車にて5つ目『鐙摺(あぶずり)』バス停下車
下車後、横断歩道を海岸側へ横断。(鐙摺バス停より徒歩1分)

営業時間 【平日 】
ランチ 11:30~14:30
ティー 14:30~17:00
ディナー17:00~21:00(フードラストオーダー)【土・日・祝日 】
ランチ 11:30~14:30
ティー 14:30~16:00
ディナー16:00~21:00(フードラストオーダー)
※定休 月曜日 (祝日の場合は翌平日が休業)
予約 1Fカフェ・ブラッセリー:ディナーのみ予約可(ランチは来店順)
2Fレストラン:電話、またはWebサイトから予約
3F個室:電話にて予約
Webサイト LA MARÉE

MAP

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から993記事連続、毎日更新中。(2019年6月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら