【ラ・マーレ】葉山の海を眺めながら"フランス風創作海辺料理"が楽しめる 30年以上通っている私からおススメポイントをご紹介

葉山・鐙摺港のレストラン・ラマレ

広告

神奈川県の葉山町にある、レストラン ラ・マーレ

葉山鐙摺(あぶずり)港入り口の海沿いに建っていて、360度海が見渡せる絶景。地素材の鮮魚やお野菜を使った「フランス風創作海辺料理」が美味しいお店。

1977年の創業から30年以上しばしば訪れている私から、ブラッセリーのカジュアルメニューや店内の様子、行き方などのおススメポイントをご紹介します。

「ラ・マーレ」ランチメニュー

ランチメニューは、フルコース(要予約)と、アラカルト料理中心のカフェ・ブラッセリー( HARRY’S)の双方があります。

店内1階のブラッセリーはランチタイムの席予約はできませんが、カジュアルに楽しめるのと、カフェタイムでもフードのオーダーが可能なので、私はいつもコチラを利用しています。

休日ですと、少々混み合っていることもありますが、周辺の海や港を散歩しながら待つのも一考です。

2020年9月訪問

季節ごとにメニューの変化がありますが、2020年9月に訪問した際にいただいたもの。価格は全て税別です。

”定番”小魚のフライ。今回のお魚はワカサギ。カリッとしてほんのり塩味が嬉しい。600円

オリジナルソーセージの盛り合わせ。チーズが練り込んであったりパリッとした美味しさ。900円

名物のお刺身サラダ。今回はヒラメと太刀魚、サッパリしたドレッシングとよく合います。1,500円

本日のパスタ。今回はボルチーニ茸のボロネーゼ。ボルチーニ茸の香りとひき肉のトマトソースが絶品。
1,400円

飲み物はいつも「葉山ボウル」というカクテルを頼んでいます。メニューには載っていないのですが、ずっとこのカクテルが気に入っていて、頼むと出してもらえる。

ジンライムに似たテイスト。銅のコップも美味しさを演出してくれます。1,000円

メニューはこんな感じ。

2019年5月訪問

2019年5月訪問の際にいただいたもの。

地素材(佐島)鮮魚のカルパッチョ。

ラ・マーレ 鮮魚のカルパッチョ

湘南名物「シラス」のアヒージョ。オリーブオイルとの相性抜群。

ラ・マーレ シラスのアヒージョ

ソフトシェルシュリンプのフリッタータ。サクサクして美味しい

ラ・マーレ ソフトシェルシュリンプのフリッタータ

お料理は1品が600円〜1,500円くらい。ドリンク(アルコール)は800円〜1,000円、ソフトドリンクは500円前後(税別)です。サービス料はなし。

店内の様子と景色

テラス席と店内席とそれぞれありますが、ウッカリ席の様子を撮り忘れてしまいました。

エントランスでは季節のお花が迎えてくれます。

レストランラマレのエントランスにある紫陽花

明るくて気持ちいいバーカウンター。

周囲は葉山の海が360度広がっています。

ラ・マーレ下の海

ラ・マーレ周囲の海岸

国道134号線付近から見えるお店の全景です。

「ラ・マーレ」行き方 最寄りはJR逗子駅

車ですと、国道134号線から「鐙摺」交差点を右に曲がってすぐです。

ただ、道路が常に渋滞しているのと、私はお酒をいただくことが多いので、いつも電車で行きます。
最寄駅はJR横須賀線の逗子駅。

改札口(一箇所)を出たところ

JR逗子駅

駅前広場にある看板。観光心をそそられます

逗子駅前広場の観光案内

電車を降りたら、バス3番乗り場で「葉山一色」又は「福祉会館行き」方面乗車。5つ目「鐙摺(あぶずり)」バス停まで約15分、下車後は徒歩1分。運賃は200円です。※2020年9月現在

何かと渋滞しがちなのと、バスそのものも混み合っていることが多いので、家族で行く時はいつもタクシーを利用しています。所要時間は10分ほど。タクシー代は1,200円前後です。

日影茶屋

さて、ここでちょっと、レストラン「ラ・マーレ」の歴史をご紹介します。その母体は、江戸時代から続く料亭・日影茶屋。ラ・マーレも「CHAYA GROUP」のなかのひとつ。

HISTORY
江戸中期 鐙摺港近くの料理茶屋として創業開始
昭和26年08月 有限会社 日影茶屋設立
昭和47年09月 洋菓子パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ葉山本店 開店
昭和47年11月 洋菓子パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ逗子店開店
昭和52年08月 レストラン ラ・マーレ・ド・チャヤ 開店

日影茶屋は、ラ・マーレから国道134号線沿いに戻った向かい側にありますが、残念ながらまだ行く機会がもてていません。

日影茶屋

パティスリー(喫茶)は何度か訪れたことがあります。ちなみにこちらのスウィーツは、ラ・マーレでもいただくことができます。

パティスリーCHAYA

「ラ・マーレ」は以前「ラ・マーレ・ド・チャヤ」という店名でしたが、2016年に店内の改装もおこなわれ、現在の店名になりました。

お店のすぐ奥に鐙摺港があります。

鐙摺葉山港

帰りは逗子駅までウォーキング

帰りは、バスがやはり時間が読めないので、歩いて逗子駅まで戻ります。(所要時間:30分くらい)

途中にある「レッド・ロブスター」もう30年以上前からあるのです。昔はTV CMでしょっちゅう流れていたけれど、最近では見かけなくなったなあ。

逗子のレッド・ロブスター

風情のある橋(富士見橋)を渡って海とはお別れ。この川沿いにあるマンション。マリーナが併設されていていかにも湘南らしい

逗子海岸の近くにある川の橋

橋の看板

「ラ・マーレ」お店情報

所在地神奈川県三浦郡葉山町堀内24-2
予約・お問い合わせTEL:046-875-6683
アクセス【車】横浜横須賀道路 逗子インターより逗葉新道経由にてR134逗子海岸手前
「渚橋」交差点を葉山一色方面へ左折。渚橋より、最初の信号を過ぎ、左手。(逗子インターより約10分)駐車スペースに限りあり。
【電車とバス】JR逗子駅より(3番乗り場)
「葉山一色」又は「福祉会館行き」方面乗車にて5つ目「鐙摺(あぶずり)」バス停下車
下車後、横断歩道を海岸側へ横断。(鐙摺バス停より徒歩1分)
営業時間ランチタイム 11:30~14:30 カフェタイム 14:30~17:00
ディナータイム 17:00~21:00(ラストオーダー20:00)
予約1Fカフェ・ブラッセリー:ディナーのみ予約可(ランチは来店順)
2Fレストラン、3F個室:電話にて予約
ウェブページ LA MARÉE

おまけ

逗子駅前にある、「ビーカー入り手作り焼きプリン専門店」のマーロウ逗子駅前店

名物のプリン。様々な種類がありお土産に最適です。

駅弁の「大船軒の鯵の押し寿司」もお土産におススメ。夕方になると安くなっていることもあって嬉しい。

神奈川県湘南海岸沿いのレストラン。コチラの記事も合わせてお読みください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら