ビジネス手帳は【高橋書店のシャルム】女性管理職15年の私から、おススメポイントをお伝え

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

ビジネス手帳ってどの商品がいいのだろう?悩むこともありますよね。

私が管理職になってから、ずっと使い続けているビジネス手帳が「高橋書店のシャルム」というシリーズ。

ご紹介します。

ビジネス手帳について、私がポイントだと思っていること

まずは、ビジネス手帳について、私がポイントだと思っていることについて。

ココがポイント

  1. シンプルな作りになっていて、かつ、コンパクトである
  2. パッと開いて、見やすい工夫がされている
  3. カバーがしっかりしていてカラフルで楽しめるもの

これらのポイントを叶えてくれるのが、「高橋書店のシャルム」なのです。

「高橋書店のシャルム」 特徴

次に、これらのポイントに沿って、商品の特徴をお伝えします。

シンプルな作りになっていて、かつ、コンパクトである

「高橋書店のシャルム」には、いくつかの種類があって、私が使っているのは「シャルム3」というものですが、どの種類でも「月間ページ」と「週間ページ」がシンプルに構成されていて使いやすい。

また、私が日々の仕事で使っている「A4サイズのトートバッグ」にしっかり収まるコンパクトなものであることも大切。

この手帳はB6サイズ(横128mm、縦182mm)でちょうどよいです。

13インチPCのほぼ半分くらい。

パッと開いて、見やすい工夫がなされている

クライアントさんとの商談や部下さんとの面談では、内容を手帳に手書きすることがまだまだ主流。

PCを持ち込んでパチパチやっている人もいますが、私が面談される側だったらその音が気になって仕方ないし、ともすると画面ばかり見て相手の顔をしっかり見てないこともありがちなので、私はこの方法は取りません。

手帳の1番のメリットは、手元でパッと開いてすぐに書き込めたり以前の記録の確認が容易にできること。

「高橋書店のシャルム」はそのための様々な工夫がなされていて、とにかく私にとっては最も使い易いのです。

なお「シャルム」には1〜10の10種類のラインナップがあり、「週間ページ」が縦になっていたり横になっていたり、罫線や方眼が入っていたり…というのが主な違いですが、「シャルム3」は、週間ページが横で1日ごとのスペースが広くとってあるのが私の用途にはマッチしていて、ずっと「3」を使い続けています。

※以下の画像は、2021年の手帳を購入してその中身を撮影したものとなります。

手帳の最初のページが当年と前年、翌年のカレンダー。三年間がいっぺんで見られるのは便利です。

月間ページは「ブロック式」というレイアウト。これはどのシャルムでも同じです。

週間ページは「セパレート式」というレイアウト。1日ごとのスペースが広くとってあって、日記のように使えるのです。

特に面談が立て込んだときなどは、とにかく記録をなるべく多くとるようにしていて、次の日の箇所まではみ出してしまうこともあるくらい。

私は"書くことによって思考が整理できる"というタイプなので、このスペースが重要なのです。

また、末尾にはフリーで書けるページが横罫線と方眼とそれぞれ何枚かずつ備わっているので、日々に書ききれなかったときや、研修受講などまとまった記録が必要なときは「フリーページへ」とでも付箋をつけておいて書き足すようにしています。

カバーがしっかりしていて、カラフルで楽しめるもの

手帳って毎日の仕事で酷使するものだから、カバーがしっかりしていることも必要。

この手帳はカバーが皮革調で頑丈。一年間ヘタることなく使い通せます。

また、カラフルで楽しめるというのも特徴。手帳=黒みたいなイメージが以前はありましたが、自分が好きな色であるというのは、それだけでもテンションがアップするもの。

以前は同じ「シャルム3」でもいくつかのカラーバリエーションがあったのですが、2020年現在では、1〜10それぞれが別々の1色を使っています。

1冊税込で1,925円。1〜10それぞれの特徴とカラーについては、コチラをご覧ください。「高橋書店のシャルム」

Amazonでも購入可能です。

ちなみに「1月始まり」と「4月始まり」と両方がありますが、やはり手帳は暦日とともに新しくするのが長年の習慣になっているので、今のところは4月始まりのものを使う予定はないです。

また、プライベートでは、スマホのカレンダーアプリとメモアプリだけで足りるので、手帳は使っていません。

最後にひとこと

ビジネス手帳というのは、人それぞれに好みやお気に入りのものがあると思いますが、新しいものを使ってみようかなと思ったときに、この記事が参考になれば幸いです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら