上司が感じる「部下さんのないないづくし」実はその原因は上司自身にある

広告

こんにちは。女性管理職17年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

管理職の同僚が何やら悩んでいる様子。

話を聞いてみると「部下さんが報告してくれない」「決めた方針にミートしてくれない」「やっていることが見える化されていない」…etc.

なるほど。

しかし、ちょっと待った。その「ないないづくし」はひょっとしたら上司自身に原因があるんじゃないの?

同僚と話していて感じたこと。自戒も込めてまとめることにしました。

部下さんの「ないないづくし」とは?

同僚の悩みを私なりに解釈してみると。

「ないないづくし」だと捉えようとしているのは、「こうあるべき」と彼が描いてる理想の姿と実際には掛け離れていることに原因がありそうです。

  • 報告の順番はこうあるべき
  • ヘッドが決めた方針への応え方はこうあるべき
  • 物事のより幅広い「見える化」はこうあるべき

上司が自分自身で大切だと考えることは、もちろん温めておけばいいでしょう。

とはいえ、実際に仕事が動いていく様は理想通りにいかないなぞ、当たり前。

ないない探しをしている暇があったら、結果を称えることに注力すべきです。

上司の責務として心がけるべきこと

そんな話をしてみますが、いまいちピンときていない様子。挙句私のスタンスについてもご意見。

「ねーさんはさぁ。そんなふうに言うけれど悪いけど戦略的じゃないよね」

戦略って何ですか?
「ミート」とか「見える化」とかってなんですか?

カッコよさげな言葉は実は私は苦手で、おっしゃる通り「〇〇的」ではないの確かだから否定はしません。

ただ一点、これだけは上司の責務として絶対と考えていること。

それはプロセスだろうが理論だろうがそんなこと関係なしに、部下さんが活き活きと仕事に取り組んでいることに他なりません。

もちろん、手順が誤っていたりミスが起こってしまったときにはサポートに努めますが、あくまでも主役は部下さんであって上司ではない。

それが私の心がけなのですが、果たしてそれをしっかりできているだろうか?と振り返ると反省することもしきりです。

上司はジタバタすべきではない

またしても同僚の反論に遭います。

「ねーさんとこの部下さんね。こんなことが問題あるって聞こえてくるのよ」

あらま。それはご進言どうも。
ならばその原因は私にあるから改善しますと、返しておく。

瞳を凝らして見るべきは自組織の中のことであって、外ではありません。外野がどうこう言ってきたとしてもジタバタすべきではない。

もしかしたら部下さんに改善してもらう必要のこともあるかもしれない。
一方で、止むを得ない事情だってあるかもしれない。

あくまでも"自分たちごと"としてしっかり当事者どおしコミュニケーションしつつ、取り組んでいけばよいのです。

最後にひとこと

同僚が懸命に尽くしていることは、傍らで見ていてもよく解ります。

ただ「ないない探し」したところで、人が動くことってそこポイントじゃない。

順番が逆だろうが、ミートしてなかろうが、見える化がどうのこうのだろうが。
肝心なのは部下さんたちの頑張り。

これは同僚には言わずじまいになってしまいましたが、肝心のあなたのやっていること、おそらく部下さんたちにとっての"見える化"に寄与していないであろうこと。

「あの資料どこにありますか?」って隣チームの私が聞いてみたときにすぐに出せないんだから。

灯台下暗しなのです。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら