見える景色が違うと、仕事の仕方や感覚に変化がある

広告

職場のチームリーダーがしばらく休暇中です。
オフィス内は基本フリーデスクではありますが、リーダーはみんなが話しかけやすいところに座っておくのが良い、とのことで、いつも同じ席を使っています。

せっかくならば、リーダー不在の間その席に座っておこう‥と思い立ち「指定席」に腰掛けてみます。

これまでワタシが使っていた席とは対角線上になる。つまり、いつもと反対側から見ることになるのだけれど。
同じオフィスなのに随分と景色が違うものです。

メンバーたちがより近くになり、様子が肌で感じられる距離。
みんな、がんばっているなぁ。あらためて感謝。

雑談のなかにも、何かヒントが生まれる。
「あれ?」といった呟きにも、手助けが必要そうだな‥と思えばすぐに反応できる。
みんなも、ちょくちょく話しかけてくれます。
なんだか嬉しいなー♪

すると。

仕事の仕方にも変化が起きる。
これまでは、少し遠くから眺めていることが多かった、業務の細かなことにも、理解が深められる。
管理業務にも、よりプロアクティブに取り組んでみたり。

席の位置って、見える景色って。
意外と大切だなぁ。

リーダーが休暇から帰ってきたら、また元の位置に戻っちゃうんだけど。
あと数日、この席を満喫(笑)しよう。

そして、新しく受け取った感覚。これは、席が戻ってもきっと、持ち続けられそうだ。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら