『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』樺沢紫苑 著 苦しくてたまらないときに、この一冊が救ってくれた

広告

生きていると、いろいろなことが起きるものです。
楽しいこと嬉しいこともあれば、苦しいことつらいこともある。

今この記事を書いているのは2018年12月。
ちょうど2年前、2016年の暮れ頃の私は、毎日苦しくて仕方なかった。

ある出来事に見舞われ、どうしていいかわからない。
かろうじて、その日その日を暮らしている・・・そんな状況でした。

そんなときにふと出会った一冊の書
精神科医・樺沢紫苑先生の『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』

タイトルに惹かれて無我夢中で読み、読了したときは、少し気持ちが楽になれた。

この読書をきっかけにして、今の私があれるといっても過言ではありません。

「苦しい」が「楽しい」に変わるなんて そんなことがあるのだろうか

こんなに苦しいのに。

でも、なにかヒントをもらえるかもしれない。まずは、樺沢先生のYouTube動画「樺チャンネル」を見まくって、この本を知って。

藁にもすがる思いでした。

そこに書かれてあったこと。

  • 「苦しい」や「楽しい」はしょせん、脳内物質のなせる業
  • 苦しいと、ノルアドレナリン、アドレナリン、コルチゾールの三大ストレスホルモンが分泌されるのだ
  • 「苦しい」と周りが見えなくなってしまう、視野狭窄に陥る

…etc.

確かに、「気の持ちよう」というのは重要なのだろう。

理屈では分かっているけれど。目の前に突きつけられた現実に、どうにも身動きが取れない。

でも、待てよ。

とにかくやってみよう。

「苦しい」の先に必ず「希望」がある

第1章では、ナチスの強制収容という限界状況のご体験をなされた、オーストリアの精神科医、ヴィクトール・E・フランクル先生の名著『夜と霧』からの引用があります。

悩んで悩んで悩み抜け。苦しんで苦しんで苦しみ抜け。
絶望の果てにこそ、暗闇のなかに一条の希望の光が届けられてくるのだから。

この引用をもとに、樺沢先生は説いてくれるのです。

今「苦しい」あなたにも、「希望」はあるはず。「100%の苦しいは存在しないのです」

そうなの?本当にそうなの?
こんなに苦しいのに。

自問自答を繰り返すうちに…

「苦しい」と思わなければいいのだ。
と、少しずつ思えるようになってきました。

「苦しい」が「楽しい」に変わる方法

第2章以降では、具体的に"苦しいマインドを変換してゆくには?"というポイントについてを教えてもらえます。

  1. 「楽しい」ことを考える
  2. ポジティブに言い換える
  3. 「やらされ感」を「自発性」に変える
  4. 状況を客観視(相対化)する
  5. 解決法、対処法を学ぶ
  6. 原因除去に執着しない
  7. 「今」にフォーカスする

理屈ではわかるのですが。

心がついてゆけない。「楽しい」なんて、思いつきもしない。
でも、とにかくやってみよう。

私が陥っていたのは、自分以外のところで起きている問題。
『過去と他人は変えられない』

「変えられないもの」を変えようとする努力は残酷な表現ですが「無駄な努力」なのです。
解決できない問題で悩むことは、1トンの石を手で動かそうとするようなものです。

本書にあるこのフレーズを見て。スーッと心が軽くなりました。
1トンの石と格闘せずともよし。

人のために頑張る

それでも、苦しみから、なにより“そもそもの問題点”(諸事情により、詳しく書けずにすみません)から、逃れられるワケではありませんが、

視点を変えて。

「自分が苦しい」とかじゃなくて、人のために頑張る、貢献する。そうしたことも生きていくためのモチベーションとなるのですよ…って、書いてある。

そんな気持ち、スッカリ忘れていた。思い出して、実行してみよう。

変えられない「苦しい」を「楽しい」に変える方法

でも、まだ苦しい。
さらに"とっておきの方法"が書いてある。

  • 相談する
  • 表現する
  • 仲間、友人に癒される
  • 受け入れる
  • 「やめる」「逃げる」
  • 睡眠
  • 運動

…etc.

相談して、表現するためにブログを始めて、素敵な仲間に出会って、ときには逃げて。
この本を出発点にして、さまざまな学びと気付きを繰り返して。

そうしてゆくうちに。

不思議なことに“そもそもの問題”が解決したのです。

そして。

おかげさまで、それ以前よりもさらに、楽しい毎日を過ごすことができるようになったのです。

ひとりでも多くの「苦しい」方々へ

一冊の本が救ってくれた。そして、今の私があれる。

2011年、東日本大震災の後に出版された本書。世の中自体も辛いときでした。

精神科医として、ひとりでも多くの方々のメンタル疾患を救いたい、いや、予防したいとの思いで作家を志された樺沢先生。

その思いが詰まっている、私にとって無くてはならない珠玉の書です。

苦しい思いをされている、ひとりでも多くの方々へ。ぜひ届いてほしいな。

今日の一言

残念ながら本書は絶版となってしまいましたが、
2018年12月20日発刊の『人生うまくいく人の感情リセット術』は、本書をさらに分かりやすく、また、最新の情報も含めてリライトされた、樺沢先生初の文庫本。

今は楽しく過ごせているけれど。また読んでみたら。

そのときのことがフラッシュバックされるかもしれなくて、ちょっと怖い。

でも、大丈夫。この本が救ってくれたのだから。
リライト版を読む前に、その思いを確認したくって、再読してブログに書き記しました。

この本も新しい本も、これからもきっと盟友としてそばにいてくれると、確信します。

『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』中古品とはなりますが、アマゾンで購入できます。

新作もぜひ、手にとってみてください。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら