テレワークのパソコン作業に疲れたとき ダンボール箱利用の立ち作業がオススメです

広告

こんにちは。2020年の緊急事態宣言以来、家族3人がテレワークメインとなっている ねーさん(@nesan_blogger)です。

自宅でPC作業ができる場所となりますと、リビングの食卓、書類を置いている簡易机、息子の学習机の三箇所いずれかなのですが、何しろ3人でスペースの取り合い。

しかも、息子の学習机以外は、とても長時間のデスクワークに耐え得る環境ではありません。

そんなときにたまたま利用してみた「ダンボール箱の上での立ち作業」がなかなかに快適。

ご紹介します。

部屋に立てかけておいたダンボール箱が、ちょうど良い高さと奥行き

今回は私が「書類を置いている簡易机」を使う順番でした。狭いデスクに小さな椅子。疲れるなあ…と思っていたら、このデスクのちょうど隣に立てかけておいたダンボール箱が目に止まりました。

そのダンボール箱とは、トイレットペーパーのまとめ買いをしたもの。

2020年のパンデミックで、早々に市場から姿を消してしまったトイレットペーパー。気に入った商品があったのですがしばらく欠品状態。4月下旬になってようやく「楽天」にて購入することができました。

 

高さが84cm。私の身長(160cm少々)からすると、ちょうどいい塩梅です。画像に奥行きを書き忘れてしまいましたが、約45cm。13インチのパソコンや周辺機器を置いて作業するのにうってつけ。

まだ中身のトイレットペーパーがぎっしり詰まっていて安定感があった、という点にも分があります。

置き場所がやや柔らか目で気になったので、常備していたA3サイズのスケッチブックが丁度良い台になってくれました。

立ち作業をしてみての感想

オフィスで勤務しているときも、座りっぱなしでは血行促進にはよろしくない…と言われて時々立ち作業をしたりしていました。

テレワークだと尚更、立って何かをしようということに気づきづらい。

立ち作業でリフレッシュしつつ、立ちっぱなしでは足が疲れるので、ダラダラとせずに効率的に進めよういう意識も働いて、一石二鳥。

ただし、表作成やデータ集計などの根を詰めて長時間行うような場合には不向き。

メール対応や文書作成などで活用すると良いです。

最後にひとこと

生活用品って、思わぬところで役に立つもの。

立ち作業を利用したら、すっかり体の凝りがほぐれました。
丁度良い箱がたまたま身近にあるということは、そうそうないかもしれませんが、よろしければご参考に。

ちなみに、私がいつも利用しているトイレットペーパー「ボタニカルシャワートイレットロール」については、コチラの記事をどうぞ。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら