春は、出会いと別れの時季 部下さんと別れの時を迎え、思わず涙が出た【女性管理職の仕事日記2019.3.29】

広告

我が職場は3月が上半期の〆。
「上半期はおつかれさまです。下半期に向けてさらにがんばろー」という趣旨のもと、キックオフミーティングを行いました。

日頃は業務に追われていて、なかなか一同に会することができずにおりますが、節目節目で、こうした行事を計画しています。

また、春は、出会いと別れの時季。

新たに入社の方、残念ながら退職される方、人の出入りが多い。
ミーティングでは、そうした方々の紹介も行い、一言挨拶もしてもらいます。

この3月で退職となる、チームメンバーのKさんは、たまたまご主人も私の元部下さんでした。
むしろご主人とのほうが、お付き合いが長かったのですが、彼もすでに退職してしまっている。

Kさんが職場にいると、ご主人のことも思い出されて嬉しいものでしたが、この度はご本人もお辞めになることに。

さびしいなー。

すると、まるで図ったかのように、その彼からメールが届きました。
「その節はお世話になりました。未熟であった私に機会を与えていただいたことが、今の私を形成していると心から思います。とても感謝しています。」

今日でKさんとのお別れだから、気を使ってくれたのかな。

ふいに、涙があふれてきて・・止まりません。

そうだそうだ、アナタは、本当に世話が焼けたわ。でも、どんどん成長してくれた。
彼と一緒に仕事をしてきた5年間が、走馬灯のようによみがえってくる。

最後にKさんに声をかけたときに、この話を伝えたら、こんどは、ふたりして涙が止まらなくなってきました。

「おつかれさまでした。ご夫婦とも、どうぞお元気で」なんとか言葉を搾り出し、見送ります。

人生、出会いと別れの繰り返し。桜の花が咲き、やがて散るがごとし。
春はそれをいっそう感じるものです。

☆アイキャッチは、ワタシのプロフィール写真を撮ってくださった、空気感フォトグラファー・花村貴史さんのnote継続課金マガジン『空気感フォト』から使わせてもらっています。
空気感フォト|花村貴史|note

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら