『マインドフルネスと7つの言葉だけで自己肯定感が高い人になる本』(藤井英雄 著) 物語形式で「マインドフルネス」をわかりやすく教えてもらえて、ワクワクすることができる

広告

ふとしたことで、悲観的な感情に陥ることって、あります。そういうときに、とっても助けてくれるのが「マインドフルネス」"今、ここ"の現実にリアルタイムかつ、客観的に気づいていること。

本書の著者である、精神科医/藤井英雄先生は、潜在意識の法則やマインドフルネス瞑想、認知行動療法、さらには東洋医学、キネシオロジーなどを活用したメンタルヘルスプログラム「心のトリセツ流幸せの作り方」を開発された方です。

その書『マインドフルネスの教科書』『1日10秒マインドフルネス』で、「マインドフルネス」について、さまざま学ぶことができました。


2018年12月の新刊『マインドフルネスと7つの言葉だけで自己肯定感が高い人になる本』では、
それを「自己肯定感を高める7つの言葉」というポイントとともに、物語形式で、さらにわかりやすく教えてもらえます。

ストーリー

登場人物は、カウンセラーの「師匠」と、自己肯定感の弱さに悩むクライアントの「ハルカ」
この2人の対話ストーリーで展開されてゆきます。(「師匠」のイラストが、藤井先生にソックリ!)

ハルカの悩みは、ともすると"損な役回り"になりがちなこと。
それを改善するためには「自己肯定感」を高めるのが良い。と、師匠があれこれとアドバイスをしてくれます。

全編通して口語調なので、とてもわかりやすい。

また、以下の「7つのアファメーション(肯定的自己宣言)」にそって、物語が進んでゆきます。

    1. 私は、今、気づいています
    2. 私は、今、愛に包まれています
    3. 私は、今、あらゆることに感謝しています
    4. 私は、今、自分自身を愛しています
    5. 私は、今、愛に満ちあふれています
    6. 私は、今、自由自在に生きています
      私は、今、ワクワクしています
    7. 私は、今、最高に幸せです

このフレーズを見るだけでも or 心の中で宣言するだけでも、なんだか心が穏やかになってくる。

自己肯定感

「あるがままの自分でいいと思える感覚」それが、自己肯定感。

子どもの頃から、親や周囲の人々がどのように接してくれたか?ということに起因するのかもしれませんが、

自己肯定感が弱い人は、そのつらい思いはすべて「伸びしろ」
自己肯定感が強い人は、自然に生きているだけで幸せになれるけど、さらに本書の内容を取り入れたら、もっと幸せになれる。

どちらがいいとか悪いとかじゃなしに。

それぞれの個性を活かして、さらにより良い人生を過ごしてゆければOK!なのですね。

難題を課題と捉える、そして感謝する

日々過ごしていれば。あまた難題が降り掛かってきたりするもの。
でも、それを「難事」と捉えるか、「課題」と捉えるか、って心の持ちよう。

人は大いなる存在の愛に包まれ、守られている。だから、自分の手に負えない問題は発生しない。
ー本書より引用

そして、感謝する。

そんなふうに過ごしていたら、きっと「見えなかった景色」も見えてくるのだと…師匠とハルカのやりとりを読んでいたら、あらためて気づきをもらいました。

自分自身を愛することで、真の意味で他人に気遣いができて、ワクワクできる

とにかく。

人からどう思われるとか、人が何を気にするとかでなく。
自分自身を大切にして、愛する。したら、人にも優しくなれる。

自分主体でモノゴトを考えて行動する。だから、ワクワクできる。

それで、いいのだ。

師匠にほめられたりアドバイスもらううち、次第に、ハルカに「マインドフルネス」が身についてゆき、ワクワクを実感できるようになる様子。

その気持ちの変化が、まるで自分ゴトのように嬉しくなってきます。

今日の一言

「マインドフルネス」
繰り返し、意識して取り組んでゆくことで、自然とそれが発揮できるようになれる。
そのためにも、この本をかたわらにおいておけば、鬼に金棒。

ぜひ、日々のお供に…オススメです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら