ビジネスメールの返信 「短すぎる」のと「全員返信しない」のが気になる

仕事での連絡事項ツールは、Eメールがまだまだ主流。
toだったり、㏄だったり、毎日いろいろなメールが飛んでくるのが常。

その返し方も実に様々です。

相手の用件をオウム返しに書いて、さらにその返事も書いている長ーーいモノから、「OKです」「了解」などと、短すぎるモノまで。

それぞれクセや好みみたいなものがあるのだろうけれど、例えば社内同士の場合。
ワタシは、まず相手の名前を書いて、「お疲れ様です」から始めるのが、すわりがいい。

同様な方々が多いですが、社内メールで時々アリガチなのが「了解」の2文字だけとか、用件だけばーっと書いてくるヒト。

なんか、上から目線的で好きになれません。

そりゃ、短い方が時間短縮できるのかもしれないけどさー。

◯△さん
お疲れ様です。了解しました。
ねーさん

くらい書いたって、いいんではないかしらん?
打つのが面倒だというのなら、主要なトコロを単語登録すれば、ちょっとの文字数で済むのだし。

あと、もうひとつ気になるのが「全員に返信」を常に選ばないヒト。
これも、クセなのかもしれないけれど、複数名宛のメールで、toの1人だけに返したい用件というのは、お礼メッセージ以外はそう多くない。
もう一度メールを返すときに、toに、もともとの関係者全員をあらためて選択しなければならず、手間がかかっちゃう。

結局。

メールもコミュニケーションのひとつ。
気遣いを加えれば、より良好な関係が築けるんだよねー。
気になりドコロも人によって異なるのだと思いますが、「短すぎる」と、「全員返信しない」が、とかく気になってしまうワタシです。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら