ビルの昼間・夕方・夜 それぞれのもつ味わいに惹かれる

広告

ビルを観るのが好きです。

青空に向かってそびえ立つ昼間のビル。
そこで働いていたり、買い物をしにきたりの、人々の息吹きが聞こえてくるようで。
ビルも「活動中」といった雰囲気。

もうすぐ仕事が終わる時刻‥夕方のビルはこんな景色を見せてくれる。ちょっと切ない。

そして、夜。
きらびやかに照明が瞬いてはいるものの、人々は帰ってゆき、ガランとした空間。
どこか無機質なところに惹かれます。

ちょうど、空気感フォトグラファー・花村貴史さんの継続型マガジン空気感フォト「note」で最新アップしてくださった作品も"夜のビル"がテーマ。
アイキャッチにしました。

こんなときは、Perfumeの曲が聴きたくなる。
"無機質さ"がシンクロしているみたいで、1日の終わりの少々疲れたひとときに、刺さります。

そういえばワタシの1日って、ビルから始まってビルで終わる。そしてまたそれを繰り返す。
ビルって、自分の居場所みたいなもの。だから、惹かれるのかな。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら