【テレワークに必要なツール使い勝手感想】ミーティングはZoomとTeams、チャットはSkypeとLINE WORKS

広告

こんにちは。女性管理職16年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

2020年からの新型コロナウイルス流行で、テレワークメインで勤務するようになって1年が経ちます。

リモートでコミュニケーションをおこなうのには、複数名での会議ツール、個人どおしのチャットツール。それぞれを利用しています。

私の勤務先では、会議ツールはZoomまたはMicrosoft Teams。チャットツールはSkype for BusinessまたはLINE WORKSを併用。

それぞれの使い勝手について、1年やってきての感想をお伝えします。

私はさほどITに詳しくはないため、機能的な面というより、あくまでも「仕事をしていく上で個人的に気づいた感想」なのですが、ご了承ください。

会議ツール:ZoomとTeams

ZoomTeams
画質や音声がクリア画質、音声ともにややくぐもった印象
対外的なミーティングの際はほぼZoom使用
※社内外問わず、招待URLに接続するだけで簡単にアクセスできる
社内のミーティングはほぼTeams使用
※Microsoft office環境下だと手早く会議招集できる
有料版の設定をしていない場合、参加者3人以上だと40分という時間制限に左右される時間制限無く使える
共有資料の「全画面表示」がワイドで見やすい共有資料の「全画面表示」をしても、あまり大きく表示されない印象

ZoomとTeamsそれぞれのワンポイント

それぞれのワンポイントについても補足しておきます。

【Zoom】アメリカの「ズームビデオコミュニケーションズ」が提供している、オンライン会議に特化したシステム。ファイル共有やチャットなどの機能もあるが、会議終了とともに利用できなくなる。
Zoomミーティング

【Microsoft Teams】Microsoftが提供しているグループウェア。スケジュール管理やチャット機能等プロジェクトの進行を支える機能複数、それらの一つに、オンライン会議機能がある。よって、会議を開催していない時でも、チャットやファイル共有等が可能。
Microsoft Teams

時々「 Zoomのセキュリティに懸念が報告されたことより、社内外問わずTeams推奨でお願いします」などといったアナウンスが社内になされることもありますが、どちらもオンラインミーティングに便利であることに変わりありません。

ただ、上記の表中にも書いたとおり「対外的なミーティングはZoom、社内はTeams」といった風潮になっています。

Teamsは、相手方も原則そのアカウントを有している必要があり(ゲストユーザとして招待することは可能だけれど、一部機能が制限されてしまう)

一方、Zoomは、アプリケーションを設定してあってネットワークに繋がってさえいれば接続できるので、社外のお相手にとってストレスが少なくて済むというのが、その風潮になっている所以かもしれません。

チャットツール:SkypeとLINE WORKS

チャット機能は、ZoomやTeamsにもありますが、個人どおし対話の場合はいちいちこうしたツールを立ち上げなくても、チャットに適したツールの方が便利です。

やはり「個人的な感想」ではありますが、我が勤務先で利用しているSkypeとLINE WORKSについて。

SkypeLINE WORKS
テレワーク以前から使い慣れていて、PC起動と同時にセットアップされているので、手軽「LINE WORKSアプリ」を立ち上げて使用するため、Skypeよりほんのひと手間プラスになる
同じ相手でも、対話ログが上手く残らないことがある同じ相手であれば、対話ログを時系列で見ることができる
スマホとの同期ができず、PCがスリープ状態やログオフのときにはタイムリーにチェック不可スマホと同期ができて、PCがスリープ状態やログオフのときにもスマホで瞬時にチェック可能

SkypeとLINE WORKSそれぞれのワンポイント

【Skype for Business】は、テレワークより随分以前(私の記憶にある限りでは、おそらく2010年台頃)から、チャットや少人数でのミーティングツールとして浸透してきました。

ただし、表中にも書いたとおりログが上手く残らなかったり、ちょっとしたPCの不具合で相手に表示されなかったり…そんな現象が時々起こります。

加えて、Microsoft社のウェブページによると、本サービスは2021年7月31日を以って終了。
Skype for Business Onlineの提供を2021年に終了

理由は、Teamsにそのサービスを集約するためとのことです。

一方【LINE WORKS】は「ビジネス版LINE(有料)」

私は仕事上ではチャット機能しかほぼ使っていませんが、多機能を備えています。

トーク(チャット)やメール、アドレス帳のほかにも、社内周知ができるホーム(掲示板)や、メンバーの予定も把握できるカレンダー、資料やファイルをどこからでも保存し閲覧できるDrive、さらに社内外のユーザーに実施できるアンケートなど、仕事で活用できる充実した機能が1つのアプリに揃っています。
LINE WORKS ウェブページより引用

Teamsでチャット機能も活用するって…現時点ではまだピンとこないのと、LINE WORKSがなんと言っても便利な点は、スマホとの同期。しばらくはメインに活用していくこととなりそうです。

最後にひとこと

テレワークをスムーズに進めていくのに、ITツールの発展というのは欠かせない。

この1年をやってきて、リモートであってもコミュニケーションを円滑に図るために活用してきたものについて、その感想をご紹介しました。

今後もテレワークメインでの働き方は続いていくことでしょう。
様々なツールにサポートしてもらって、よりスムーズに業務を進めていくよう努めたいものです。

私のテレワークは「リビングルーム」が実施場所。そのコツについて、こちらの記事もご参考に。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら