上司たるもの とくに気をつけておくと良い3つのこと

会社勤め30数年、管理職になってから15年経ちます。
ブログでそんな毎日をお伝えしていますが、今回は「上司たるもの とくに気をつけておくとよい3つのこと」について書いてみます。
一言でまとめるならば「信頼関係」。

自分が心がけている。という点でもありますが、部下としてそういう上司(もしくは、そうでない上司、笑)にあたったときに感じた点でもあります。

任せる

細かな口出しをせずに、とにかく任せる。
あまりに気になることがあれば声掛けするけれど、そうでなければ見守っておく。
もちろん、相談をもちかけられたら率直にアドバイスをする。

何か不具合が起きたのなら、最終責任は自分が追えばいいので。

傾聴

これは、最近になって「ようやくできてきたかなー」というレベルでお恥ずかしいのですが、
それまでは「自分が話す」ことが多かった。
ここのところ、仕事以外で学ぶ機会を得たことで、傾聴の大切さに気づきました。
「聴く」というのは、相手の目線でモノゴトを捉える‥ということにも繋がるのですよね。
相手の価値観を知るって面白い。

必ず、返す

部下さんから何かを頼まれたり訊ねられたことは、必ず返す。
すぐに答えられない場合もあるから、その際は、時間がかかることや、途中経過も伝える。

「困っている」から頼んでくるのであって、
「知りたい」から訊ねてくるのであって、
たんにつぶやきたいワケじゃない。

そして返した後に「困っていること、知りたいことがクリアになりましたかー?」と確認して、
「返す」完了。

今日の一言

どれも、ありきたりなことかもしれないけれど。
とにかくブレずにやり続けること。
一言でまとめるならば「信頼関係」
これに尽きるのだと思っています。

あれ?「目標(売上)達成へと導く」とか、ないぞ(笑)それも大切だけど、3つに絞るとしたら入りません。

結果なんて。
後からついてくるもんだーw

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら