語彙は人を幸せにする 山口拓朗さん『できる人が使っている大人の語彙力&モノの言い方』出版記念講演会

「話す」「書く」のご専門家、山口拓朗さんの新刊『できる人が使っている大人の語彙力&モノの言い方』を読み、さらに理解を深めたい!と2018年8月24日に東京都内で行われた出版記念講演会に参加しました。

この本はビジネス文書の"教科書""取り扱い説明書"ともいえる必携の一冊。
あらゆる社会生活においてすぐに活用できる語彙とその使い方がたくさん詰まっています。

講演会ではその内容からさらに発展した「語彙は人を幸せにする」ということについてを教えていただきました。

語彙を多くもてば、より豊かになれる

"情報強者"になって、自分で人生のコントロールをできるようになる。
「情報」がさらに生き方の核を成してゆくであろう今後は、さらにこの点が重要になってくる。

そのために語彙というツールは欠かせません。

ある調査によると、
「世帯年収と語彙力は比例する」
という結果もあるようです。

つまり、"語彙をより多くもち正しく使えるようになればなるほど、豊かになれる"ともいえます。

語彙って、目に見えない財産なのですね。

ワタシも"財産"をドンドン増やしてゆこう。ワクワクしてきました。

語彙を多くもてば、人間関係も豊かになる

自分の発信に加えて、人とのかかわり。
たとえAI全盛になったとしても、絶対に欠かせない大切なことに変わりない。

コミュニケーションに大切なのは「聴く」と「伝える」
語彙が多いほどそれを円滑に育んでゆける。

語彙がなければ気持ちや考えを理解することも伝えることも、ままなりません。

人間関係も豊かにしてくれる"打ち出の小槌"語彙って働き者だなー(笑)

語彙は、心を健やかにする

人とのかかわり、そして、自分自身。

自分の感情や意思を正確に捉えておくことで、心の安定を図れる。
自分の状態を言語化することで、それがいざなえるのだとあらためて気付きました。

拓朗さんのおっしゃっていた一言。

感情と意識をつなぐ力=語彙力

まさに金言中の金言です。

語彙力を磨くには

そんな「働き者」の語彙にさらに活躍してもらうために。
語彙力を磨くいちばんの方法が"アウトプット”

「話す」「書く」そして、拓朗さんからいつも教えていただく「つねにアンテナを立てて自問自答」
この繰り返しをしてゆけば語彙力を磨き増やしてゆくことができる。

アウトプットの日々の積み重ね。さらにドンドン取り組んでゆこう。
ワタシもこうしてブログでアウトプットする毎日がとても楽しいです。

語彙は、人を幸せにする

結論:だから、語彙は人を幸せにする。

激しく納得です。

最後にご登壇された、拓朗さんの奥様で"主婦の起業応援スクール"『彩塾』の塾長であるMOMO(山口朋子)さんの言葉が刺さりました。

『語彙は人生の武器になる』

専業主婦からコツコツと情報発信を始められて、やがてご出版やご自身のビジネス発展に活躍されているMOMOさんだからこそ。

この一言は本当に重みがありました。

今日の一言

語彙さえあれば。

豊かに楽しく毎日を過ごすことができる。

この書を読んで、より幸せな人生を過ごしませんか?

出版記念講演、次回はウェブにて2018年9月3日(月)20時~22時に開催されます。
お申込みはコチラ

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら