晩夏と初秋 この季節に使われる漢字言葉 どんなものがあるのだろう

2018年の夏もいよいよ終わりに近づきつつあります。

本日8月30日に訪れた、湘南の海や店じまい間際の海の家もどことなく秋の気配。アイキャッチにしました。

この時季をあらわす「晩夏」、8月中旬から9月上旬までくらいを指すようですが、お盆を過ぎると「初秋」という解説もあります。
どこからどこまで…というきっちり分けることじゃなしに、暑かったり涼しかったりなこの頃なので、勝手に「晩夏&初秋」と解釈(笑)これがしっくりきます。

この季節らしい漢字。どのようなものがあるのだろう?
季語を調べてみました。

秋麗(あきうらら)秋のよく晴れた日をいう。

鰯雲(いわしぐも)鰯の群れのように空に広がる雲。

啄木鳥(きつつき)餌を採るときの木を叩く音と目立つ色彩が、晩秋の雑木林などで印象的。

落鮎(おちあゆ)鮎は九月から十月頃産卵のため下流へと下る。その頃になると腹は赤みをおび鉄が錆びたような色になる。

蟋蟀(こおろぎ)草地や暗いところ、家の片隅など身近なところで鳴く。蟋蟀の鳴くのを聞くと寂しく、秋の風情がしみじみと感じられる。古名はきりぎりす。

紅黄草(こうおうそう)マリーゴールドの名で知られている。五月から十月にかけて黄色や橙色の二センチほどの花をつける。

狗尾草(えのころぐさ)全国どこにでもみられるイネ科の植物、ねこじゃらしともいう。晩秋になると葉も紅葉して美しい。

葉鶏頭(はげいとう)ヒユ科の一年草。茎は一~二メートルほどの高さになる。秋、茎の上部の葉が、赤や黄、紫紅色に色づく。

ー「きごさい」ネット歳時記より引用

以上はほんの一部とはなりますが、晩夏から秋にかけて…というニュアンスが、そこはかとなく漢字からも伝わってきます。

少し話題がそれますが、ちなみに。

ユーミン(荒井由実さん)の「晩夏」。
そんな、季節が移ろってゆく雰囲気を、歌詞でみごとに表現している珠玉の一曲。
あわせてご紹介をさせていただきます。

いよいよ9月が目の前ですね。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら