仕事上で突然の配置転換に悩んだとき 「時の運」と考えたら楽になれる

広告

こんにちは。女性管理職18年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

長年会社員をやっていると「突然の配置転換」つまり異動令に遭遇することがあるもの。

この記事を書いている今もまさにその状況に晒されてしまいました。
与えられたポジションで精一杯頑張っていきたいって取り組んでいたのに、梯子を外されてしまうのってあまりにも辛過ぎます。

そんなときの考え方。
同じような苦境に立っている人に参考になればと、この記事を書きます。

仕事上で突然の配置転換に悩んだとき

私自身は部下さんに対して、突然の配置転換を命ずることはありません。
なぜならば、人はモノではありませんから、根拠なくあちこち動かすことが適切ではないからです。

異動してもらうためには、時間軸やら経緯やら色々な要素があって、少なからず次の本人のキャリアの手助けになる必要もあります。そしてその采配を振るうのも上司の大切な役割と考えています。

しかし自分が部下の立場で、同じような考えの上司に元に就くとも限らず、残念ながら将棋の駒のごとく「ねーさんの今いるポジションを次の人に明け渡してください」と言われてしまいました。

いきなり想定外の物事を振られると「はい、そうですか」とスンナリ受け入れることが難しいもの。

理不尽さやら悶々やらさまざまな葛藤と戦いながら、なんとか見出したこと。それは「時の運」ということです。

「時の運」と考えたら楽になれる

私の38年会社員生活の中で、実はこのように「突然の異動」を命じられるのは3回目です。

それぞれの状況があって、それぞれの上司に説明を受けて、なんとか自分の思いを納得方向に仕向けるように頑張りました。

でもね。

頭ではわかっていたとしても、心がついていけない。

考え方を変えて「これは、時の運なのだ」って捉えてみたら楽になれます。

私事ですみませんが、1回目の時は丁度子どもが問題を抱えている時期と同じくしてしまって八方塞がり。親として人生のあり方を改めて考え直すきっかけになりました。

2回目の時は、組織全体がかなり上手く行っていなくって、自分もかなり息詰まり感を覚えていた頃。別の組織で再出発することで気持ちの切り替えができました。

そして、今回、3回目。
定年再雇用でさらに部門責任者として頑張っていこうと意気込んでいたものの、人生100年、会社員生活は残り5年程の期限付き。その先もずっと会社員以外でも世の中の役に立ちたい。けれど、仕事が忙し過ぎてそのためのライフワークもままならない…ジレンマに悩んでいた時。

いずれも、なんとなく巡り合わせって思えるのです。

「時の運」と考えるとよい、もう一つののメリット

このように、自分自身の気持ちを落ち着けるためにも「時の運」と考えるのがオススメですが、もう一つのメリットもあります。

それは、上司を恨まなくて済む。ということ。

上司とは残念ながら全くソリが合わず、実を言いますと一緒に仕事をしているのが苦痛でなりません。
そういう状況が続くと「上司に対する恨み感情」のようなものが少しずつ蓄積されて、今回のような理不尽な異動令を受けると、その恨み感情が一気に膨らんでしまいます。

恨んでも自分が嫌な気持ちになるだけですし、上司にとって何の気づきにもならないでしょう。

そもそも、こうした上司に当たってしまったのも、残念ですが時の運だと受け止めます。

最後にひとこと

突然の配置転換、今でも「これは事実なのだろうか?」と疑問に思ってしまうほど、我が身に起こったことをまだ受け入れられていません。

無理に受け入れなくともよくて、流れのままに進んでいくことでもいいでしょう。

ただ一つ忘れてならないのは、辛い出来事はさておき、それまで頑張ってきた自分を精一杯褒めること。
お疲れ、私。心の中でそんなふうに声かけてみます。

一部上場企業にて女性管理職18年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら