懐かしいものが其処此処にある JR大船駅や藤沢駅

広告

大船駅から横須賀線に乗ろうとしたところ、なんだか懐かしい駅名板が見えました。
国鉄時代の昭和50年当時のものだそうです。

この頃の駅名板は、昔のお鍋にもよく使われていた金属由来のホーロー素材。今の駅名板はアクリル素材。時代の移り変わりを感じるわー。

お隣の藤沢駅には”レトロな売店”があります。

なんか、こういう”懐かしさ”を感じられる駅の風景って、嬉しい。

ちなみに、今回も「鯵の押し寿司」をお土産に買って帰りました。


湘南方向の電車って楽しいものですw

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら