100年駅弁!! 湘南名物 ”鯵の押寿し”

今日、鎌倉駅で購入した鯵の押寿司

こんばんは。ねーさん(ikumi3)です。

昨日は鎌倉でセミナーに参加してきました。詳しくはあらためて書かせていただきますが、鎌倉や逗子に行ったとき、私が必ず買って帰る名物、”鯵の押寿し”をご紹介させていただきます。

湘南名物といえば、鯵の押寿し。

私の母は茶道教師をしています。拠点は神奈川県なため、お茶会を開催する場所として頻繁に行っていたのが、藤沢の遊行寺。そのたびに、大船軒の鯵の押寿しをお土産に買ってきてくれました。

私にとって、とってもなじみ深い”おみや”。

あらためてググってみました。

大正2年4月に 発売の大船軒の押寿しは小鯵を関東風ににぎり、関西風に押して仕上げるもので、古くから鎌倉に縁のある文人墨客に親しまれてきました。
当時、鯵は江ノ島近海で湧く(わく)ように獲れたとの事で、その中から 身の締まった「小鯵」だけを使い、半身で一握りという押し寿しは、当時のベストセラー「サンドウ井ッチ」に 増して人気を博しました。


ふむふむ。たしかに、箱に「100年駅弁」とか書いてあり、なんて歴史のあるおみやなんだ~”駅弁版LIFE SHIFTじゃないの~(笑)”と感動。

確かに、「鯵」ってこのあたりの海には馴染みの深いお魚です。

お味はシンプルで、いわゆる押し寿し。って感じなのですが、とにかく、昔から変わらぬ滋味。とってもホッコリするのです。

湘南海岸は私の☆Soul spot☆

神奈川生まれの神奈川育ちのねーさん。途中、広島県民と大阪府民もやっておりましたが、その後再び、神奈川県民に戻りました。

で、神奈川のSoul spotのひとつといえば、湘南海岸でしょ。
国道134号線沿いに帯のように広がるさまざまな海岸

もう、本当に私のSoulなのですよー‼

✔幼いころ父に連れられて行った、平塚。
✔高校生のとき大失恋して、海が見たくなって行った、稲村ケ崎の断崖絶壁。
✔大学時代に授業をさぼってみんなで繰り出した、逗子海岸。
✔ガングロがカッコイイ!みたいな時代で、友人と日焼けを競った長者ヶ崎。
✔穴場で水が澄んだところで泳ぎたい~と探し当てた、天神島(佐島)と小坪。
✔今も家族でよく訪れる、葉山鐙摺港のレストラン、ラマーレ。

…etc.

もう、語り出したら止まらないよ~なんたって、年季数十年以上入ってるもの。

湘南に行くと、めっちゃテンション上がるのですよぉ。

本日も、鯵の押寿しを買ってきて、幸せいっぱいです❤

 

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら