イングリッシュ・ドクター西澤ロイさん 英会話クリニック参加報告

広告

私の英語の師匠である、西澤ロイさんの英会話クリニック。

第三回目の受診をさせていただきました。
第二回目の受診レポートについてはコチラをご覧ください)

さっそく紹介します。

英語はコミュニケーションのひとつのツール

英会話教室、英語耳学…英語を学ぶのに、たくさんのマテリアルがありますよね。私もさんざん色々やってみました。

しかし。

大切なことを蔑ろにしていたのです。それは…

英語はコミュニケーションのツール。手段のひとつであって、目的ではない。ということ。

ロイさんは、あえて、テキストとか、事前課題とかを設定されず、そのときに参加された方々のさまざまな状況に、自由にアドバイスくださるのです。

今回も、色々なバックグラウンドの5人のお仲間とご一緒させていただきました。

ロイさんは、それぞれの自己紹介をお聞きになり、その場で、アドリブで、気付きを与えてくださいます。

大変高貴な方への「初めまして」ってどう言うの?

今回私が質問させていただいた点。

ロイさんが最近、ダライ・ラマのNo.2、リンポチェ様とお会いになったというお話をお聞きして、その際に「初めまして」というご挨拶はどんな表現を使われたのか、とても興味がありました。

尊敬語とか謙譲語の多い日本語に比べて、英語はもっとフラットな印象がありましたが、英語にも、尊敬語があるのだなあ。と深く感銘。

また、「会う」という日本語に対して、英語は、meet、seeなどがありますが、いちばん最初にお会いするときに使うのは、meet。

お会いできて光栄です。という意をこめて、

I’m honored to meet you.

という表現を教わりました。こういうことは、本とか、ありきたりの英会話スクールでは学べません。ロイさんの、まさに、”心の英語クリニック。”ならではなのです。

質問のあとには、1分間スピーチ

色々とみんなが質問したことに、ランダムに答えてくれたのち、それぞれに1分間で英語のスピーチをします。

今回私は、ロイさんがパーソナリティのお一人としてご参加されている、”木8(木曜日の20時から放送)”めざせ!スキ度UP”についてスピーチしてみました。

ところが、この番組の素敵さをなかなかうまく表現出来ず…。ロイさんからいつも教わっている、「動詞が大事」がすっとんでしまい、名詞と形容詞のオンパレード。その後、板書でアドバイスをいただけます。

西澤ロイさんの英会話クリニックで、私のスピーチへの板書アドバイス

本日の金言

本日もっとも響いたのが、

It’s a must !

つまり、”やるっきゃない”という感じ。コレ、めっちゃ使えます!すぐさま、単語帳に書きました。

西澤ロイさんの英会話クリニックで最も響いた表現

英会話クリニック、あと残り二回です…

大変残念ながら、残すところあと二回で、しばらくクローズになってしまうのです。

英語のレベルは関係ありません。とにかく、”心の英会話”を体験してみたいという方、

It’s a must !

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら