2年ぶりの息子就活 来年入社一年目を迎えるであろうキミへ 社会人の先輩より

広告

諸事情アリ、2年ぶり&2回目の就活を始めた我が息子。
前回の際は、スーツを始めとしたグッズはワタシが払い、カバンやネクタイは夫のお下がりでしたが、やはり諸事情でそれら全てが消失。

今回は息子がバイトで稼いだお金でイチから揃えていました。

新卒就活って大変だけど、またチャレンジするんだ

ワタシが新卒就活していた数十年前にくらべて、現代のそれは、とってもシステマティックになっていて、なんだか、ベルトコンベアに乗せられてるみたいで、かえって、窮屈なことも然り。

紆余曲折アリ今に至る息子にとって、もう一度それにチャレンジすることが本当によいのかどうか、ワタシにはわかりません。しかし、敢えてそれを選択することに決めたそうです。

社会人の先輩から伝えられること

息子だけでなく、これから社会人一年目を迎えるであろう方々に。
三つのメッセージをお伝えさせてもらいます。

どんな仕事であっても、どんな役割であっても、この三つがあればOK!
会社だろうが、会社じゃなかろうが、また、今後会社を変わろうが独立しようが、結構、関係ナイ。

① 目視力
コンピュータで弾き出されてきた数字や語句は、本当に正確なのか?…という目でそれらを精査してみる。そのためには、「目視力」(=何事も五感を総動員してチェックすること)を養おう。AIにはできないこと。

② コミュニケーション力
成果とは人とのかかわりで生み出だされるもの。すべての基本はコミュニケーション。とくに大切なのは「傾聴」。相手の立場に立って「横から目線」を心がけるといいよー。

素直であること
起きた出来事はすべて必然性があるのだと思います。どんなときでも、素直であること、感謝することを心がければ、人も運も味方になってくれます。

今日の一言

働き方もITの進化も、まったく新しいフェーズに突入していこうとしている今後。そのような時代に新社会人となるみなさまを心より応援しています。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら