部署が離れてもご連絡をいただける クライアントさんとはありがたい

広告

昨年7月に部署異動してから、7か月。
時の経つのは早いものです。

たくさんご贔屓にしてくれて、たくさんお世話になった素敵なクライアントさんたち。

異動の際に引き継ぎのご挨拶をしてから、お目にかかる機会がなくなってしまいました。

久しぶりのご連絡

新年明けて早々。そんなクライアントさんのお一人、Kさんからお電話がかかってきました。
生憎直ぐに取れず。
すると、ショートメールが来て「今年もよろしくお願いします。」

あらっ。新年ご挨拶でお電話くださったのかしら?
でも、それだけじゃないよね、っと折り返しました。

ある課題

こちらのクライアントさんでは、
昨年に、とあるリスクが発生し、その矢面に立ってしまったKさん。
対外的なことより、社内の調整にご苦労をされていました。

取引先の当社にも責任の一端がある。

ワタシも必死にKさんのサポートをさせていただきました。

関係各所に協力を得て、なんとかその場を切り抜けたけど、この課題の結果は年末までかかります。

そんな中での自分の異動。引き継ぎ者に後を託しました。

感謝のご報告

Kさんがお電話で「おかげさまで、昨年末に無事完了できました!」と嬉しそうにご報告くださいました。
異動後はスッカリそのことを失念してしまっていたワタシ。
それなのにご丁寧にありがたいご報告、なんと嬉しいことでしょう。

じーんときました。

今日の一言

営業部門からは離れてしまったため、久しぶりのクライアントさんとのやり取り、楽しかった。

クライアントさんとは本当にありがたい。

ちょっと忘れかけていた仕事の達成感を思い出すことができました。

Kさん、たくさんご苦労おかけしてすみません。
完了、本当に良かったです!

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら