自分を「おばさん」と言わない 若さを保つために心がけるとよいたった1つのこと

広告

こんにちは。会社勤務定年間近の ねーさん(@nesan_blogger)です。

我が勤務先の就業規則上定年は「60歳」なので、私もその年齢に限りなく近づいていますが、若さを保つために心がけていることが1つだけあります。

それは、自分を「おばさん」と言わないこと。

ご紹介します。

なぜ、自分を「おばさん」と言わないことがよいのか

まずはその理由について。

「おばさん」とは世の中的には、これくらいの年齢以上になったら…などと"定義"が存在するのでしょう。

その観点から言うと、私は確実に「おばさん」の分類なのだと思いますが、それは他人が評価することであって、自分で決めることではありません。

自分で自分のことを「おばさん」と言ってしまったら、なんかくたびれちゃっている、もう人生後半に差し掛かっちゃっている…みたいに、どんどんネガティブワールドにハマっていってしまいます。

年齢なんて、単なる記号みたいなもの。

例えば20代のひとはたまたまそのとき20代であって、ずっとその年齢が続くわけではないし、時が進んでいけば年齢が重なっていくだけのこと。

まずは自分自身で「老けたひと」という考えをしなければ良い。
「おばさん」と言葉に出さないだけでも、若さを保つマインドセットができるのです。

「おばさんでもできた」という心理

私と似たような世代で、逆に「おばさん」をブランディングに使っている人もいます。

否定するつもりは全く無いし、それもひとつの戦略としてアリかもしれません。

とはいえ、個人的な意見ですみませんが「おばさんでもできた」という心理って、どこか自虐的な感じがして、それに対して「わーすごいなーー」と返してほしいのかな?って想像してしまうのです。

同世代ですらこんなふうに捉えてしまいがちなので、下の世代の人たちにとってはなおさらなのではないだろうか。

もちろん、客観的な数値(例えば健康診断や体力テストなどの、測られるもの)がそれぞれの世代平均値より遥かに優れていたら、それは「わーすごいなーー」となりますが、とくに行動面だったら「この年齢だけれどできた」ってことをわざわざ語らなくても良いというのが私の考えです。

メンタルとフィジカルそれぞれの心がけが大切

自分のことを「おばさん」と言わないというのが、たった1つのポイント。とお伝えしましたが、もちろん、身体的に「若さを保つ心がけ」も必要。

具体的には、健康管理に気をつける、身だしなみをスッキリする、姿勢を保つ、など。

ただ、いくらこれらのことを整えたところで、マインドの根底に「私はおばさん」というのが蔓延(はびこ)っていては元も子もありません。

メンタルとフィジカルそれぞれの心がけあってこそ「若さを保てる」と言えます。

最後にひとこと

このあとさらに年齢を重ねて、おばさんどころかおばあさんと呼ばれるときもくるのでしょうが、

自分で自分のことをそう表現しない。

とにかくこれ1つ、ずっとやっていくつもりです。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら