業務の手順変更時に上司がやってはいけないこと 失敗経験で気づいたポイントをご紹介

広告

こんにちは。女性管理職16年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

プロジェクトを進めていくうえで、クライアントさんからの意向も踏まえて「業務の手順変更」が必要なこともしばしばあるもの。

仕方ないですが、それを部下さんたちに伝えていくのに、やってはいけないこと。

私の失敗経験から気づいたポイントをご紹介します。

業務の手順変更時 私の失敗談

プロジェクト立ち上げの際に、事前にクライアントさんと詳細協議してその手順を定めます。

ところが、クライアントさん側の実施責任者とは別に、その上席の方から直接指摘がきてしまう。

「ここを修正しないと意味がないから、手順を変更してください」

いやいや、責任者の方と十分詰めて決めたことですし、今の手順には根拠がありますから…と、つい反論したくなりますが、

お世話になっている責任者の方の立場もあるから、そこを飛び越えて議論するのは難しくって、つい自分のなかで矛先を納めようとしがち。

結果、部下さんたちに「手順変更してくださいねーー。みなさんよろしくお願いしまーす」とトップダウンしてしまいました。

私が先方に「はい、かしこまりました」と反論せずに返信してしまったことも、もちろん、部下さんたちはメールのccで読んでいることでしょう。

やってはいけないこと 部下さんからの意見をもらって気付いた

すると、ある部下さんから意見をもらいました。

「ねーさん。最初にこのプロジェクト立ち上げのとき、背景や目的や意義や詳しく説明してくれたのに、クライアントさんから言われたからって、説明なしで『手順変更してね』って言われても困ります」

ハッとしました。

クライアントさんから言われたままではなく、自分たちがそれを請け負うことの意義や目的や、できる限り部下さんたちにも同じように感じてもらえたら嬉しいって、思いの共有に努めてきたつもりなのに。

肝心なところで「言われたままに伝えてしまう」ことをやらかしてしまった。
最もやってはいけないことです。

クライアントさん上席からのプレッシャーとか言い訳しそうになるけれど。
そんなことは私の課題であって、部下さんたちの課題ではありません。

その後の業務の様子

その後部下さんたちの様子をうかがっていたら…「仕方なく対処する」といった雰囲気です。

以前の活発な議論や、お互いの意見に共感し合うコミュニケーションや、みんなで目指そうと活き活きとしてくれていたことが陰を潜めてしまい、どこか「あきらめモード」になってしまっているじゃありませんか。

私が部下さんの立場だったら。
きっと同じように「もういいや」って思うよなー。

このままではいけない。でも、どうしたらいいのだろう。

あきらめずに、クライアントさんとの対話を心がける

クライアント実施責任者さんが、自らの上司を飛び越えてまでかばってくれることは、残念ながら多くありません。

しかし、私にとって最も大切なのは部下さんたちの士気であって、クライアントさん社内の円滑な上下関係ではない。

さりとて、ストレートに反論することが良策だとは言いきれない。

あきらめずに、クライアントさんとの対話を心がけて、お互いに歩み寄ること。
そして、この手順変更がそれなりに合理的だと、部下さんたちにしっかり説明ができるようになること。

まだ具体的な行動ができずにいて恥ずかしいのですが、とにかく心意気だけは固めることができました。

最後にひとこと

「他者から言われたままに指示を出す」

これだけでは、人が前向きに活動するための原動力にはなりません。

自分の上司やらクライアントさんやら何かと「外圧」の板挟みで苦労することも、管理職ならばガッツリ向き合えばよい。

何よりも、意見してくれる部下さんがいてくれること、それが宝です。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら