【感謝する相手を漏らさない】上司から部下へ 絶対やってはいけないこと 管理職15年の私からお伝え

広告

こんにちは。管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

チームで仕事をしていると、上司がメンバーさんたちに対して感謝を伝えることがとても大切。

しかし、ともすると「感謝する相手を漏らしてしまう」ことが起きがち。

上に立つ者として、これは絶対やってはいけません。

私が心がけていることをご紹介します。

「感謝する相手を漏らしてしまう」とはどういうことか

まずは「感謝する相手を漏らしてしまう」について。

プロジェクトを進めていると、その中心メンバーが活躍して成果を果たしていくっていう構図があります。

もちろん、中心メンバーの努力の賜物で、それが称賛されるのは解ります。

でもね。

実は、”中心"となることはほんの小さなことで、そこを支えている見えない力が多数存在していてこそ成り立つものです。

中心の人たちに感謝するだけで済ましてしまうって、ついやりがちです。

しかし、これは絶対にやってはいけません。

なぜ私が「絶対にやってはいけない」と思うのか

次に、なぜ私がこのことを思うに至ったのか。

それは、自分が部下の立場であったときにしばしばそうした状況に遭遇して、切ない思いをしたからです。

プロジェクトヒーローには「みんな頑張ったーさすがー」って言葉掛けがあって
それを派手に祝ったりして

見える部分だけだと、それは仕方ないのでしょうが、見えない部分にもちゃんと目を凝らしていかないと「貢献してくれた全員とは誰たちなのか?」ってことに気づけません。

私が管理職になるときに、とにかく自分で固く誓ったこと。「見えない部分にもちゃんと目を凝らして、感謝を漏らさない」

私の"管理職道"って、ここが最も大切だと突き進んできたポイントです。

感謝する相手を「漏らさない」ための、私の工夫

では、その相手を「漏らさない」ために、私がどんな工夫をしているか?について。

ちょっと抽象的な表現ですみませんが「心の網」をできる限り大きく作っておくことです。

網が小さかったら、そこにかかってくる事象も小さく終わってしまう。
網を広げるのは、自分の裁量でどこまでもできることであって、大きければ大きいほど、そこにかかってくる事象に気づくことができるもの。

さらに具体的にいうと、

「この出来事の成果は、主にはこの人たちが実施してきたけれど、そこに至るまでの登場人物の一人一人は誰なんだろう?」ってちゃんと考えることです。

すると、「ある一部の人たちだけに感謝を伝える」ということをせずに済む。

業務でのメッセージはメール発信のことが多いので、メールのtoやccに全員を含めることで、「漏れなく感謝」を伝えることができます。

それでも、伝えきれずに終わってしまったときは

とはいえ。

それでも、伝えきれずに終わってしまった相手もいるかもしれません。

もう一度「登場人物の一人一人は誰なんだろう?」とリマインドしてみて、そこで、あらためて気づいた相手がいたのならば、

「ごめんね、このメールあなたに届けられなくって、あらためてお伝えするね」って言葉を添えて送ります。

最後にひとこと

「感謝を全員に届ける」ことに、必ずしも重要性を感じていない上司もいるでしょう。

部下の立場からすると、漏らされてしまったことで、かつての私のように切ない思いをしてしまうこともあるから。

私は部下さんにはそんな思いをさせたくないのです。

繰り返しになりますが、私の"管理職道"はここを必ず徹底して果たすこと。って決めています。

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら